リスニングの力を身につけるためには?

自分が話すことができれば聞き取れる だから、話せるようになるのがリスニング力をつける一番の近道

「リスニングが苦手」だから・・・とCDなどでたくさん英語を聞いているのに、なかなかリスニング力がアップしないと悩んでいる人、いらっしゃいますよね。

なぜ英語を聞いていてもリスニング力が身につかないのでしょうか?

日本語を母語としている私たちは、日本語を耳にすればその内容をすぐに理解できますよね。当然のことだと思いますよね。なぜ、当然なのでしょう?それは、「自分も話せる知っている言葉」だからです。

同じ日本語でも、専門用語や方言など自分が話したことのない単語や言葉は、耳にしてもパッと理解することは出来ず、場合によっては話された内容の大まかな意味すら分からないとなってしまうこともありますよね。

これが日本語かどうか?という議論はさておき、若者の間で流行る言葉を大人たちが「何を言っているのかわからない」となるのもよくある話。その単語を「知らない」から、わからないのです。

これを英語のリスニングに置き換えて考えてみましょう。

英語のリスニングが苦手、という人でも知っている単語ならば聞き取れ、瞬時に意味も解るのではないでしょうか?

この場合の「知っている」は、文字となっているものを見て分かるという事ではなく、自分で発音すること、話すことができる、つまり音声としても知っているということを指しています。

例えば、TVのニュースで流れるアメリカ政府関係者のスピーチ、外アーティストや俳優のインタビュー。全体として何を言っているのかが分からなくても、自分でも話すことのできるフレーズや単語な、聴き取れるのではないでしょうか。大好きなアーティストの名前や曲名などは、そこだけ「分かる」ことが良くあるのではないでしょうか。それから、「Hello!」「Thanks!」などのお馴染みのあいさつや「I want~」「I can~」とか「~soon.」など、人によって違いはあっても、中学英語で親しんできて、今でも口にすることの出来るフレーズは聴き取れると実感したことがあるかと思います。

つまり、自分が話せる語彙・フレーズは聞き取ることもできるのです。

これらのことから、リスニングの上達への早道は、「たくさん話せるようになること」だと分かりますよね。
LATの英会話トレーニングでは、毎日の反復復唱法トレーニングと毎月20日間あるプライベートレッスンで「話す」トレーニングを積み重ねていきます。

聞き流すだけでは、話せるようにはなりません。文字で読み書きができても、話すことができるとは限りません。毎日のトレーニングの積み重ねで、話せることを増やして行けば、おのずとリスニング力もアップし、英会話の上達につながっていくとLATでは考えています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 波乱万丈の留学生活その②

  2. 世界の夏休み

  3. 波乱万丈の留学生活その①

  1. 波乱万丈の留学生活その②

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP