英語「スピーキング」が出来るようになるには同じ講師でトレーニングを

スピーキング特化型の英会話トレーニングに欠かせない要素とは?

英会話教室のなかには、実際の授業を無料で体験できるところがあります。体験クラスの経験が素晴らしくて入会してみたら、通常の授業は体験参加の時とは印象も実感具合も違ったなんてことはありませんか?

そう感じてしまう要因として、担当した講師が違うという点が挙げられます。同じ言語を教える立場であっても、性別や外見が異なるように、印象や話し方の癖などは、まったく違いますよね。

人気のある英会話教室などでは、指名性をとっているところもあると聞きます。しかし、多くの人がその講師を気に入っていたとしたら? あなた自身が授業を受けたい日に、確実に予約を入れられるでしょうか。

あるいは、新鮮味を求めて別の講師に授業を依頼したら、以前は指摘されなかった箇所を指摘されて、どちらが正しいのかわからなくなってしまったという経験はありませんか?

LATでは、英語スピーキングを身につけるために、同一講師によるレッスンとサポートを行う理由を以下のように考えています。

1.授業のフィードバックに一貫性を持たせる

LATでは、講師一同が同じ目的を持って授業に臨んでいます。

「頭で考える前に口が動く」ということをレッスンを通じて体験してもらいます。

レッスンの構成は、HOME WORKの進捗確認とTell me aboutセッションのみです。所要時間は7分間。Skypeにより講師側からコールをさせていただき、接続を行った時点から開始となります。

短時間で集中してもらい、どんどん自分から話してもらうような内容です。

正しい文法を使って伝えようと考える時間はありませんし、必要もありません。思いつく内容で、単語だけでも話していきましょう。言いたいことを伝えようとすればするほど、英語スピーキング力は向上していきます。

レッスンやトレーニングの進捗だけでなく、性格や癖なども英語スピーキングの定着には関わってきます。同一講師であればこういったことも理解してレッスンを共にすることができます。

レッスンのフィードバックに一貫性を持たせることは、英語スピーキングを身につけることにつながります。こうした講師とのつながりやレッスンが「いつのまにか、考える前に話していた」という体験につながることでしょう。

2.友達と分かち合うような楽しみがあるレッスン

「Nice to meet you」ではなく「Hi」からはじまる授業は、緊張を解す効果もあるようです。

英語を話さなくてはならない緊張感や外国人との対面に尻込みしがちな方にとって、見知った顔、聞き覚えのある声とレッスンすることは、安心を感じる要素の一つとなります。

「次はこれを話してみよう」という意欲にもつながっていきます。話すことが楽しみになるという要素も生まれます。

平日に毎日行われるレッスン、自分で毎日取り組むトレーニングは、支える相手がいることを感じながら取り組むことができるでしょう。

休日をはさんだ授業は、回数を重ねるにつれ、HOME WORKの進捗状況を伝えることさえも楽しみになることと思います。ご自身で実感していただくことはもちろん、講師もあなたが努力する姿をずっと見守っていますので、成長度合いの喜びを分かち合う体験もしていただけます。

3.信頼関係を築いた上でコミュニケーションがとれる

どの言語、人間関係においても会話の根底には、ある程度の信頼関係が存在しています。通りすがりの人と、いきなり会話をすることは難しいですが、ご近所さんや昔馴染みなどとは、苦もなく会話をすることができると思います。

同一講師による短時間の会話を継続することは、挨拶をするレベルから友人のレベルにまで信頼関係を深めていくことにつながります。対面や英語を話すという緊張の具合も、回数を重ねるにつれ薄れていくことでしょう。

講師は、英文法の間違いを細かく指摘したり、言いたいことを先読みして代弁したりしません。レッスンはコミュニケーションをとる「会話」をメインとしています

提供しているサービスは、どれだけ忙しくても、英語スピーキングを習得できるプログラムとなっています。そのために同一講師によるレッスンは欠かすことが出来ない要素であり、お互いのゴールは、「英語スピーキング」によりコミュニケーションがとれることなのです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP