お子さんに英語スピーキングを身につけてほしいと思った時に思い出してほしいこと

英語は「話せなくてはいけない」ものではない

日本で暮らしている限り、英語が話せなくても何の支障もありません。

と断言しましたが、どうでしょうか。確かに支障はないけれど、可能性が広がらないのではないかと考えています。

社会での活躍世代やお子さんを持つ世代の方は、英語が話せないことで「可能性が減る」ことを実感している方もいらっしゃることでしょう。

ホームステイや留学先でコミュニケーションが成立しなくて困った

海外で働きたいが語学に不安があった

語学力が不足していて海外赴任の希望を叶えられなかった

親が英語を話せないので子供のインターナショナルスクール入学を諦めた

「英語を話す」ことさえできればクリアできたこともあったのではないでしょうか。

日本の英語教育は、英語を理解できるように「勉強する」システムです。英語の知識は身に付いても、「会話する」練習はしてはいません。本当に会話ができるようになりたければ、自分で「+α」を模索しなければなりませんでした。

コミュニケーションがとれる英語スピーキングへの道は、「自分次第」という険しい道のりだったと思います。だからこそ、「話せなくてもいい」と諦めた方も多いのでしょう。

子ども達は思う…英語って必要?

今までの知識に偏った英語教育にも変化の大きな波がきています。2020年を節目に、日本の英語教育を変えよう!としています。子ども達にもっと英語で会話する力をつけられるよう、学習内容や試験内容を改革する動きと「周知」がとられています

・小学校低学年から英語の授業が始まる

・小学生から英語の成績がつく

・小学校入学前から英語は準備しておいた方がいい

周知の結果…親御さん世代は「英語を勉強させなければ!」となっていないでしょうか。未来を生きていく子ども達に身につけてもらいたいのは、「スピーキング力」や「リスニング力」が備わっている英語コミュニケーション能力のはずです。

・ジュニア英会話教室へ通わせることにした

・少人数のグループレッスンに申し込んだ

・幼稚園をプレスクールにしようか

・小学校はインターナショナルスクールにしたい

子ども達の可能性を広げてあげたい、というのは親御さんの当然の気持ちです。

けれども、子ども達は「なんで英語しなきゃいけない?」と感じると思いませんか。

今の生活になんの支障もないのです。むしろ親御さんやお友達と楽しく遊んでいたい時期かもしれません。

子ども達は「英語で話せたら楽しそうだな」とどんな時に思うのか

お子さんが「英語っておもしろそう」「英語話せるようになりたい!」と感じるために必要なことは、一体なんでしょう。

お子さんが外遊びをはじめた時、公園で親御さんはどうしていましたか?

いきなり他のお子さんと遊び始めましたか?

ひとりでに砂遊びやボール遊び、遊具に夢中になりましたか?

親御さんがまずは一緒にやってみたのではないでしょうか。

親御さんはお子さんと一緒にその遊びを楽しみながら、段々とひとりでやらせてみたのではありませんか。お子さんは少しずつ慣れて、自分であれをやりたい、こっちに行ってみたい、となったと思います。

子ども達のために「良い環境」を提供してあげることはとても大事なことです。けれども、お子さんにとって未知なことをはじめる時こそ、「一緒に」スタートしてあげていたことを思い出してください

子ども達は、お父さんやお母さんが興味のあること、楽しんでいることに自然と関心が向きます。未来を生きる子ども達には英語スピーキングが必要だ!と思っている時こそ、お子さんだけでなく、ご自分でもはじめてみることをおすすめしたいです。「教えてあげる」「応援する」のではなく「一緒に楽しむ」ことも、親しんで楽しむきっかけになります。

英語スピーキングは、スポーツや楽器と同じように繰り返し練習してうまくなっていきます。

一番身近な存在である親御さんが、ちょっと失敗しても何度も繰り返し練習して上手になっていく姿を見せてあげてください。そして、お子さんと一緒に上達したことを喜びあってください。実際に外国の人と話せるなんて!すごい!と楽しそうにしている姿を見せてあげて欲しいと思います。

お子さんをただスクールに入れるよりも、何十倍も「自分もやってみたい!」と思ってもらえる瞬間なのではないでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP