英語スピーキングにおけるSNSの間違った使い方

こんにちは!
LAT英会話トレーニングカスタマーサポートの羽迫です。

昨今では、SNSが発達し、無料で英語を楽しく学べるツールが、たくさん出てきました。
TikTok, Instagram, Youtube, 本当にたくさんのSNSアカウントが存在していて、
見始めると止まらなくなるくらいですね。
さて、そんな無料ツールも、うまく役立てるのはとても良いことなのですが、
気をつけていただきたいことも、あります。

なので、今週は、
「無料SNSツールで英語関連の情報を見る時に、弊社スタッフの意見が一致した、気をつけて欲しい系ナンバーワン」
についてのお話です。

昔は、、、と言っても10年ほど前までは、
自分の隙間時間を使って英語を習得しようとするようなやる気がある人は、本屋さんへ行って、英語の参考書の中から選ぶ、というのが普通でした。
ですが、その時代でももうすでに、本屋さんへ行くと英語関連の書籍は所狭しと棚に並べられていて、その中から、コレだー!というものを選ぶのが難しいくらいでした。

「必須300単語!」の隣に、
「これだけおさえれば大丈夫!頻出500!!」
「社会人にはこのフレーズ!簡単オフィス英会話」

とかいう本も並んでいたりすると、本当に悩みますよね。

私もよく、英語関連の書籍の前で英語難民になっていたものです。

現在ではスマホもタブレットも普及して、いつでもどこでも英語に関しての情報も見られるようになったのは、とても良いことだと思います。
ただ、
手軽に無料で、誰でも、英語に関しての情報も見られるようになった
ということは、
手軽に無料で、誰でも、英語に関しての情報を作れるようになった
ということでもあるんです。

それが、気をつけていただきたい理由です。

なぜかというと、
InstagramやYoutube, TikTokも、ビジネスとして取り組んでいるからこそ、
再生数を上げること」が最優先になってしまっているケースも多いのが実情だからです。

↓↓↓その中でも、弊社スタッフの意見が一致した、気をつけて欲しい系動画ナンバーワンがコチラです↓↓↓

〇〇っていう言い方はもう、今更、誰も、使っていないよ。」
ネイティブはこう言うよ。」
と言う動画です。

例えば:
(ちょっとダサめな格好をした人が出てきて)
今時、
「How are you doing?」
なんて誰も言わないよ?

(ちょっとイケてる風の格好をした人が出てきて)
「What’s up!」
と言うよ!

と言うような風に、です。

これは、全てがダメと言っているわけではないんです。

◆どんな状況で、どんな相手に対して言うのがよくて、逆に何がダメなのか?

まで、起承転結で説明してくれていないのが、ダメポイントです。

短時間の動画で、軽快な音楽にのせて、あたかも、
Aはイマドキじゃなくてダサい、誰も使わない
Bを使ってるよ〜♪
というような、雰囲気でAを下げBを上げる。詳しい説明はナシ

のようなパターンには、くれぐれも流されないように気をつけてください。

なぜなら、そういうものに流されて、真に受けてしまって使う方に限って、
基礎がしっかりしておらず、使い分けができないからです。

私たちは、ベーシックな表現と感覚をしっかりと身につけてから、応用にいくべきだと考えています。

スラングや、ちょっとカジュアルな言い方に憧れを抱くのも分かります。
ですが、
小手先の言い方を手に入れてかっこよく喋ろうとするのは、危険も伴います。

危険なんて、大袈裟な、、、
と思うかもしれませんが、恥ずかしいで済めばラッキーで、本当に危険です。

言葉は、一律ではありません。
どういう意味かというと、
話している相手:
(初めて会った人か、友達か、上司かetc)
(人種、国籍、性別、年代、性自認 etc)
どんな場にいるのか:
(学校、オフィス、フォーマルなパーティ、義実家 etc)
周りにはどんな人たちがいるのか:
(友人、知人、第三者、第三者だとしたらどんな宗教や道徳観念を持っているのか)

という状況や条件によって、ベストな伝え方が変わるということです。

なので、まずは基礎をしっかりと身につけること

これをお勧めします。
書き出してみて改めて思いましたが、
日々、コミュニケーションを取る際には、無意識にこの
状況判断を瞬時に下し、
その上でほぼ無意識に会話をしているということです。

母国語である日本語でもなかなかいつもパーフェクトにいくことばかりではないのですから、
外国語のときはやはり、基礎からしっかりと身につけていくのが一番と言えるでしょう。

ちなみに、
What’s up?というのはカジュアルな言い方なので、
目上の人に使ったり、フォーマルな場で使用するのはお勧めできません。

最後に、
もしそういったアカウントを見ることがあれば、影響を受けすぎず、
ふ〜ん。面白いな〜。
くらいの、軽い受け止め方で、見ていただければと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP