ビジネスで使える本物の英語力とは?

こんにちは!
LAT英会話トレーニングカスタマーサポートの羽迫です。

「英語は話せるようになりたいけど、何を基準に選んだら良いかよく分からない。」
という話をよく聞きます。
例えば、何かに特化したゴールを持っている場合(3ヶ月でTOEIC150アップなど)
絞り易いですが、
情報やサービスを選ぶ側からすると、英会話に関する情報がこれだけ氾濫していたら、何が良いのか分からなくなってくるのも納得です。
選ぶだけで1日が終わって、まぁまた今度でいいや、とスタートラインに立てない方もいるのでは?と思います。

<<提供する側としてのぶっちゃけた話>>
提供する側からの情報って、なかなか知る機会がないと思うので、
今日は提供する側の「業界あるあるだけど知っておいた方が良い話」をお伝えしたいと思います。

提供する側も、細かく区分したりして、納得のいくサービスを受けていただこうともちろん工夫しています。

例えば、
TOEICのスコアアップに特化している、
スピーキングに特化している、
ビジネス英語に特化している

などです。

上記三つの例は、全部聞いたことのある言葉だとは思いますが、一つだけ定義が曖昧な業界用語が混じっています。
どれかわかりますか?
.
.
.
ビジネス英語
です。

え?と思われた方。

今週は、「ビジネス英語を身につけたいならやるべき3つのこと」について、
順立ててお話しさせていただきます!

<<そもそも、ビジネス英語って?>>

ビジネス英語と日常英語というカテゴリーを設けている英会話スクールさんも多くありますよね。

では、質問です。
ビジネス英語って、何だと思いますか?

そう言われると、ビジネスで使う英語でしょ?
と思いますよね。
でも、ビシネスって一言で言っても、銀行の窓口で働く人と、外科医だと、必要とされる「仕事中の英語」は全然違います

そうです。しっかりしているように聞こえて、かなり曖昧なカテゴリーなんです。

<<ビジネスと日常は切り離せない>>

結局のところ、ビジネスと日常はキッパリと切り離すことができません
そのため、線引きも結局のところ曖昧なのが実情です。
試しに、「英語」という部分を「日本語」に置き換えて考えてみてください。

ビジネス日本語って何?と思いませんか?

そこでまず、「LATが考えるビジネス英語の定義」を共有させていただきます。

<<私たちが考えるビジネス英語に必要な3つの条件>>

①丁寧な表現であること
②その分野に特化した専門用語が入っていること
そして何より、
③しっかりとしたビジネスパーソンになること!
(英語を喋れるだけでは、ビジネスにはなりません!)

<<①丁寧な表現であること>>

丁寧な表現という観点では、カジュアルな言い方やフレーズではなく、オフィスでも使える言い方を意味します。

例えば、
何かをお願いする時に、Couldを使う。
WantよりもWould like to を使う。
返事をするときは、Uh-huhではなく、Yesという。
また、What’s up?ではなく、How are you? という。

日本語だと、〜じゃん。〜やん。〜っス。
などではなく、
〜です、ます。を使う。

など、そういった感じの英語を扱っているということです。
それはビジネスシーンでも使えるため、ビジネス英語と言えるでしょう。

<<②その分野に特化した専門用語が入っていること>>

専門用語に関しては、はっきり申し上げますと、英会話スクールで学ぼうとしない方が良いかとも思います。
なぜなら、専門用語は自分の業界で学んでいくものだから、別の業界の人から学ぶべきと言い切れないんですね。

例えば、医者、という職業をとっても、
歯科医と外科医だと、使う専門用語は違いますよね。
私でも、歯を削るドリルのようなものや、口を大きく開けておくための機材の名前、また、それらをどう使うかの説明は、できません。

ですが、そういうのが、いわゆる選ぶ側からしたら教えてもらいたい「専門用語」になってくるわけです。
それを、英語学校の先生から、「英語ネイティブだから」と、いう理由で学ぶのはお勧めできません。

<<ネイティブの限界>>

お勧めできない理由についてもう少し深く考えてみましょう。
私たちは日本人ですが、日本語ネイティブだからと言って、自分たちが経験したことのない業界の専門用語を教えることができますか?
そして例えば日本語を教える資格を持っていても、日本語の先生だからといって
例えば
車の修理に関して、
ITのプログラミングについて、
心臓外科の手術について、
果たして正しく教えることはできるでしょうか?

業界の専門用語を教えるということがどれほど難しいかということを、ご想像いただけたのではないかと思います。

<<最後に、③しっかりとしたビジネスパーソンになること>>

そもそものビジネスの基本となる、
「人と人との信頼関係」を作り上げるには、
英語でのコミュニケーション力、人間力の向上の方が重要だと、
私たちは考えています。

日本語では仕事がきちんとできて評価ももらえているのに、英語になった途端に身構えてしまって同じ評価がもらえないのではもったいないです。

なので、ビジネス英語に興味があるならば、
先週お伝えしたような”今時の英語”から離れるところから始めましょう。
そして、外国人を前にしても動じずに日本語と同じテンションでコミュニケーションをとることができるようになることを目標に
頑張ってみてください。

最後に、LATのプログラムですと、
①と③については、ご支援することができます。
たくさんの話す練習をしてもらう機会を設けていて、教材にも丁寧な表現しか使っていません。

ただ、②についてはどうしても皆様ご自身で学んでいただく必要があると思っています。
そしてこれは、プロの翻訳家や通訳者でも一緒です。
たたき込まれた基礎があるから、案件によって専門用語を習得し、相手によってふさわしい対応することもできるのです。

いろんな情報が氾濫していますが、
業界用語に振り回されることなく、どうかその中からご自身に合った方法を見つけられますように

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP