【必読】「短期集中」で英語スピーキングは「できる」ようになるのか

「短期集中」で英語スピーキング力は身につくのか?

世の中、短期集中で身につける英会話というコピーが増えてきました。

実際のところ、短期集中で本当に英会話、つまりは英語スピーキング力を身につけることはできるのでしょうか。

一般的に「簡単に」とか「たった3ヶ月で」といった謳い文句で勧誘している英会話スクールの場合は、「勉強」を前提にしているところが多いと思います。

知識レベルであれば、ある程度簡単にも身につきますし、短期間で覚えることもできるでしょう。しかし、テストではなく英語スピーキングができるようになるという目的で考えた場合、知識学習はあまり効果はありません。

知識学習に頼る限り、実践で使える語学力を身につけることはできません。その意味では、知識学習の期間を簡単に短くするのは正しいことかもしれません。

LATで行っている、使える英語スピーキング力を身につけていただくことを前提としたプログラムの場合、「短期集中」でできるかどうかのの答えはYesでもあり、Noでもあります。

いったいどういう事なのか?と思う方が多いかもしれません。

実はこれも英語スピーキングをスポーツと同じ種類のものと考えると比較的わかりやすくなります。

スポーツでも楽器でも良いですが、短期集中で上手になれますか?という質問はあまりしないのではないでしょうか。それは、これらの分野においては、沢山の練習を積み重ねて来た人だけが上手になることを誰もが知っているからです。

次の項目で、このことについてもう少し詳しく見ていきましょう。

「短期集中」で身に着く英語スピーキングをスポーツで例えると?

ゴルフを例に考えてみたいと思います。

ゴルフが上手になりたいと思っているけれども、ほとんどクラブも握ったことのない状況の方がいたとします。

その方が1ヶ月短期集中でゴルフを習得するプログラムに出会ったとして、はたして1ヶ月間でゴルフの腕を磨くことができるでしょうか。

このように考えると冒頭でお答えした、YesでもありNoでもあるという答えをご理解いただけるかと思います。

ゴルフの経験のない方には分かりづらいかもしれませんが、コースに出て周りの方に迷惑をかけない程度になりたいということであれば、1ヶ月短期集中プログラムでも、ほとんどの方が達成できるでしょう。

その一方で、1ヶ月間でコンペに出て上位入賞できるレベルになりたいというと、それは不可能と言えるのではないでしょうか。

もちろん、中には天性のゴルフの才能があって、1ヶ月で上位入賞できる腕をあっという間に身につけられる方もいるかもしれません。

しかし、そういう方は非常に稀です。

その点は、英会話も同じです。

1ヶ月では無理があるとしても、3ヶ月間ある程度しっかり毎日短期集中でトレーニングに励むことができれば、海外旅行に行った時にどうしようもないという状況にはならなくなるでしょう。

その一方で、急にバーに行って外国人の会話に割って入ることができるとか、海外旅行でトラブルにあって状況を細かく説明するとか、込み入った話をすることはできない方がほとんどではないかと思います。

ゴルフの例えと同じく、天性の語学の才能がある方にとっては、もしかすると3ヶ月もあれば十分な英語スピーキング力を身につけられるかもしれません。

「短期集中」で英会話スピーキング力をつけるためには、質と量の保証されたプログラムを

冒頭の質問と回答に戻ります。

ゴルフを例にあげてご説明した意味で、短期集中での英会話・英語スピーキング力習得は可能かどうか?の答えは、YesでもありNoでもあります。

ご自身が目指すレベルに応じて、必要となる期間や練習量は異なってきますが、短期集中で英語スピーキングの練習に取り組むことは、とても効果的な習得法です。

LATでは、初心者の方にある程度のレベルを習得していただくにあたり、合計100時間程度の英語スピーキング練習に取り組んでいただくことをお勧めしています。

本気で英会話に取り組む決意で、毎日それなりに時間をかけて短期集中で向き合える方なら、例えば毎日1時間話す練習を3ヶ月間していただくことで、ご自身で英語スピーキング能力がついたと実感できるレベルに到達できるケースがほとんどです。

短期集中で英会話を習得する場合は、基礎トレーニングと実践トレーニングの両方にしっかり時間をかけて取り組んでいただくことが重要です。

英会話習得に大切なのは結局のところ質と量であり、間違いなく練習「量」は非常に重要なポイントとなります。質と量の両面から十分取り組めるトレーニングに励むことが短期集中で英語スピーキングを身に着けるポイントです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP