目標達成のカギは、『意志』+『環境』=『習慣化』!

今日は、「目標達成のカギは、『意志』+『環境』=『習慣化』!」というお話をします。

何やっても三日坊主の私。。英会話始めてもすぐに諦めそうで不安だなぁ。。

落ち込まないでください。目標達成に必要な条件を理解すれば、きっと三日坊主も解決できますよ!

新年には、多くの人が「今年の抱負」を強く心に決めたことでしょう。
「今年こそ英語を習得するぞ!」 「今年は健康的な体を作ろう!」
それなのに・・・
英会話スクールに申し込んだのに、3週間後には次の予約を入れなくなった。
注文した参考書が届く頃には、情熱が過ぎ去っている。
スポーツジムの会員になったのに、気づけは幽霊会員になっている。
でも、「まただめだった・・・自分は意志が弱いなぁ」と、落ち込まないでください。
最初から「人間は意志の弱いものだ」と知っておくことで、できることがあります。

“Willpower Doesn’t Work”の意味

“Willpower Doesn’t Work”、直訳すると、「意志の力は役に立たない」
これは、アメリカの心理学者であるBenjamin Hardy氏の書籍のタイトルです。
(『FULL POWER―科学が証明した自分を変える最強戦略』という邦題で、翻訳版が出ています。)
Hardy氏は、研究の結果、意志の力はなんの役にも立たない、と断言しています。
「人間は環境適応能力が非常に高いため、環境を意図的にコントロールしていかなければ、環境にコントロールされて怠惰に流れてしまう」(本書概要より)そうです。
「怠惰に流れてしまう」というのは、皆さんも実体験として感じているのではないでしょうか。
「よーし、勉強するぞ!」と思っていたのに、目の前にテレビがついていたら、つい見てしまう。
「ダイエットしよう!」と思っていても、友達と食事に行くと、ついしっかり食べてしまう。
ついつい楽な方、楽しい方に流されてしまいますよね。
これは、まさに環境にコントロールされている状況です。

環境適用能力をうまく使おう

意志をコントロールするために、Hardy氏の提言通り、環境づくりから始める必要があります。
環境に流されてしまうのが人間であれば、まず自分の行きたい方向に環境を作っておくことで、自然と自分をそちらに向かわせることができるはずです。
勉強しよう、と思うなら、目の前から気が散るものが排除された、集中できる環境を作っておく。
ダイエットしよう、と思うなら、ヘルシーな食べ物を先に用意しておく
人間の意志が弱いことを前提として、弱い意志でも続けられる環境を作ってみましょう。

“Where there’s a will, there’s a way.”の意味

“Where there’s a will, there’s a way.”=「意志あるところに 道は開ける」
第 16 代アメリカ大統領のリンカーンの有名な言葉です。
先ほどの、「意志はなんの役にも立たない」とは違い、意志の大切さを説いています。
いかに人間の意志が弱いものだとしても、意志のないところに道はできないのです。
自分の進む方向を決め、一歩進み始めるには、やはり意志の力は不可欠です。

意志の瞬発力を活用しよう

人間の意志には、強い瞬発力、衝動があります。
「どうしてもほしい!」「どうしても食べたい!」
この強い意志に導かれ、つい衝動買いしてしまったり、つい食べすぎてしまったりします。
人間の意志の力は、瞬間的にはとても強いものの、良くも悪くも、長続きしません
(衝動買いの力が長く続いたら、困ってしまいますね。)
強い意志を持って、スポーツクラブに入会する。
英会話スクールに申し込む。
せっかく強い気持ちを持って最初の一歩を踏み出したのですから、ぜひこれを継続させましょう!

英語習得に欠かせない、「意志」と「環境」

英語を習得するには、意志の力がとても大切です。
「英語を話せるようになりたい!」という気持ちなしに、英語が上達するはずがありません。
しかし、残念ながら、英語を話さざるを得ない「環境」がなければ、継続することはむずかしいです。
一般的な英会話スクールでは、自ら予約を取り、時間になったらレッスンを受けに行く、という能動的な動きが必要です。
これには、レッスンのたびに、強い「意志」が必要となります。
不思議なもので、やれない理由、やらなくてもいい理由をなんとかひねり出してしまいます。
英語を話せるようになるのには、どんな言い訳にも負けない、継続的な力が必要なのです。

継続は力なり

英語習得には、毎日少しずつでも英語を話すことが大切です。
スポーツ選手のように、継続的に日々トレーニングする必要があります。
少しサボれば、すぐに口の筋肉が回らなくなってしまいます。
毎日筋トレを続けるのには、意志の力に頼っている限りにおいては、続きません。
海外に住んで英語を話さざるを得ない環境に入れば、いやでも毎日継続せざるを得ません。
この逃れられない環境が、英語習得につながっているのです。

LATがご提供する「環境」とは

LATの一番の特徴は、日本においても英語を話さざるを得ない「環境」をご提供している点です。
平日毎日決まった時間に、コーチからSkypeコールがかかってきます。
あなたがすることは、かかってきたコールに出るだけ。
「英語を習得したい!」という強い意志を持ってLATを始めていただいたら、あとはLATにお任せください。
意志が揺らいでしまったり、心がくじけそうになってしまっても、大丈夫。
受け身でもいいので、とにかく毎日続けることが大切です。

「環境づくり」から「習慣化」へ

英語を話さざるを得ない環境を手に入れたら、次はそれを習慣化させましょう
毎日決まった時間にお腹が空くように、毎日その時間に英語を話すことが生活の一部になります。
ここまで来れば、しめたもの。
意志と離れたところで継続することができます。
LATのレッスンが毎日の日課となり、英語を話す筋肉がどんどん鍛えられていきます。
この「習慣化」こそが、英語を話す力をつけるうえでとても重要なのです。

まとめ

いかがでしたか。
「今度こそ英語を習得したい!」とお考えの方。
ぜひ、その意志の瞬発力で、LATに飛び込んでみてください。
LATは、「英語を習得したい!」という意志が実るよう、全力でサポートいたします。

下のボダンクリックすると一週間の無料体験を受けられます。
お申込みお待ちしております~

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 海外留学で本当の英語力を身につけるには?

  2. 自分の英語に「自信がある!」と言えますか?

  3. 英語を身につけるのに、「語学センス」って必要?

  1. 【要注意】英語スピーキングにおけるSNSの間違った使い方

  2. 英語を話す世界で生き抜くために自分が行ったこと

  3. 文化や当たり前を理解し合う英語スピーキングを

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP
カード登録不要!1週間無料体験実施中
今すぐ申し込む
1週間無料体験はコチラ