本当に話せる英語スピーキングに最も必要なこととは

日本の英語教育と英語で「話せる」は別物

英語が理解できればもっと世界が広がるのに!

と思ったことのある人はたくさんいます。そして、悔しい想いや情けない気持ちにおそわれたこともあるでしょう。

ほとんどの大人は、中学生から学校教育の場で英語を習っています。高校や大学を受験する際にも英語は必須科目となっています。それでも、社会人として、学生として、地域の一員として、様々な場面で「もっと英語を勉強しておけばよかった…」と感じたことがある人は少なくないはずなのに、多くの方が英語とは距離を置いたままです。

それは、どうしてでしょう。

せっかく中学3年間、高校3年間、長い方は大学4年間、英語を勉強したにも関わらず、「英語をうまく話すことができない」

からではないでしょうか。勉強してきた課目の英語は得意でも、それがコミュニケーションでは全く活かされていないからではないでしょうか。

中学、高校時代英語が得意だった人は多いはずです。テストの点数や成績はよく、入試などでも得意科目、早くはないけれどある程度の英文ならば今でも理解することができる。

それが日本の英語教育です。

英文を読むことができ、英文を作ることができるというのは、学生生活や社会人として時に必要な力です。今までの勉強は決して無駄ということはないのです。読めて書けるまでが日本の英語教育、もうひとつの「英語を話す」ことはできないままとなっています。

そして、圧倒的に悔しい想いをするのは、「英語で会話ができなかった」という場面だと思います。

LATのレッスンはスピーキング力を向上させる練習がメイン

実際に英語スピーキングができるようになるためにはちょっと視点を変えましょう。

日本語も英語も会話は同じです。

「おはよう」

「おはよう、今日は寒いね」

普通の会話ですが、これが英語で話しかけられたらどうでしょう。

「Good morning!」

「Good morning! …(今日は寒いねと言いたいけれど、たしか…)」

きっと「It’s cold today.」は数秒待てば出てくるのでしょうが、頭の中で英文を考えている(…)の間に会話は途切れてしまいます。それでは会話とは言いづらいですよね。

この(…)の間を埋めるために何をしなくてはいけないですか?

それには学生時代と同じ勉強を続けますか?

スクールに通って英会話の勉強をしますか?

英語を「話したい」と思ったきっかけを振り返ってみてください。

きちんと英語でコミュニケーションをとりたいと思ったからでしょう。

そのためには、

「頭の中で英文を考える(…)間をなくすこと」

だと考えています。

ということは、「勉強」よりも「英語スピーキング」が必要になります。

英語スピーキングには「勉強」よりも「まずは話してみる」力の方が大切です。

けれども、「まずは話してみる」はドキドキしますね。

伝わらないかもしれないし、間違えるかもしれない、だから不安。

こういった気持ちも(…)間につながります。

まずは話してみるために必要なのは、

「考えないでも走り出せる瞬発力」です。

瞬発力を養うには、色々やってみて、間違えて、それでも何度も「練習する」ことしかありません。私たちもそうやって日本語を幼い時から身につけてきました。英語だからといって変わるはずがありません。

「英語スピーキング」には瞬発力を養う、練習・トレーニングが欠かすことができません。

LATのLESSONには「練習」をサポートするコーチとトレーニング法があります。英語スピーキングには近道はありません。練習方法と練習量があなたの(…)間をなくし、瞬発力をあげ、ためらいのない会話を成り立たせるのです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP