英語スピーキングをマスターするにはスポーツ選手をイメージしてみよう

みなさんはスポーツや楽器などをマスターしたいとき、上達したい時はどのようにしてきましたか?

ノウハウや技術などについて書かれた本を読んだり、動画を見たり、参考に出来るものを探すこともあれば、出来る人(先生や先輩など)に教えを乞うこともあるでしょう。

そしてこの後、やるべき事は決まっていますね。日々、毎日、ひたすらトレーニングあるのみです。

何かを身に着け、定着させたい時に使われる、「習うより慣れよ」ということわざがあります。

「習う」=学習する

「慣れ」=経験、実践して身に着ける

知識がいくらあっても、それを実践し続けなければ宝の持ち腐れです。

スポーツ選手でイメージすると…

長距離走をする際、腕の振り方、足の接地のしかた、走るときの姿勢、呼吸法やペース配分など、知識として持っておくことは必要です。ですが、頭で理解したことをいきなり実践できる人は、まずいないと言えるでしょう。

頭にイメージがあっても、実際に思ったように身体を動かすことは「すぐには」できません。イメージ通りの理想とする走りをするために、筋トレや走り込みをしたり、フォームの確認をしたり、ひとつずつトレーニングを重ねていくものです。

どのスポーツにおいても一流の選手ほど、毎日欠かさず筋トレやストレッチ、素振りなどの基礎練習・基礎トレーニングをしていると言われています。

こうしてひとつずつマスターしていくためには、少しずつでもいいから、毎日続けること。一度、マスターしても定着する前に、まったくトレーニングをしなくなってしまうと再び出来ない状態になってしまうこともあり得ます。練習を数日休むと取り戻すのに、その倍以上の時間がかかるという話もありますね。自分のレベル維持・レベルアップのためにも「毎日トレーニングすること」は大切なのです。

英語スピーキングも同じこと

単語も文法もよく知っている。でも話そうとするとスムーズに英語で出てこない。

日本人にはそんな方が多いように見受けられます。

なぜ、そうなってしまうのか?

それは、伝えたいことを頭の中で日本語から英語に翻訳して、それから口に出そうとしているから。頭の中での翻訳という作業が入るので、当然、すぐに口から出てこないわけです。

小さい子でも、お年寄りでもよく知っている英語、

「Hello!」や「Thank you.」だとどうでしょう。

同じ英語でも、頭の中で翻訳することなく、反射的に口から出てくるのではないでしょうか?

スポーツ同様に知識的な英語だけでなく、反射的に実践できることが英語スピーキングにはとても重要なのです。

コミュニケーションとして反射的に口から出てくるようにトレーニングするのが、LATの反射復唱法トレーニングです。

頭で文章を考えることなく、反射的に英語が出てくるよう、毎日続けてトレーニングすることをサポートします。実践し続けるためのトレーニングの仕組みです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP