LATのオンライン英会話で英語の筋トレをしよう!

Hi, how are you?
LAT英会話トレーニングカスタマーサポートです。
今回は、英語の筋肉の鍛え方についてお話しします。

英語を話すのに筋肉が必要?!

ジムや自宅で、毎日筋トレをする人が増えている昨今。
身体にとって、筋肉が重要な役割を持っていることは皆さんご存知でしょう。

実は、英語を話すにも、ある筋肉が重要な役割を担っているのです。

「話すなんて、ちょっと口を動かすだけでしょう。筋肉なんて必要なの?」
と思った方、ぜひこのブログを最後まで読んで、LATのトレーニングをお試しください!
筋肉が鍛えられていないと、英語を話せないとおわかりいただけるはずです。

日本語と英語のちがい

言語の中でも、英語と日本語では、発音するための口の動きが大きく異なります。

日本語は、口をほとんど動かさなくても、相手に伝わるように発音できます。
「おなかすいた」
と、ためしに口の形を動かさずに言ってみてください。
顔の筋肉を動かさず、口の中で「おなかすいた」と発音できますね。

一方、英語ではどうでしょう。
“I’m hungry.”
と発音するには、しっかりと口を大きく動かさないと、 相手に聞こえません。

これは、日本語と英語の発音の仕組みの違いが関係しています。

英語の発音の仕組み

英語を発音するには、顔の筋肉(表情筋)を大きくしっかり動かす必要があります。

日本語と異なり、英語のアルファベットには決まった「音」がありません。
「口の形」や「舌の位置」が決まっていて、そこに息を通すことで発音します。
そのため、前後の発音に引っ張られ音が変わる「リエゾン」が起こります。

この「口の形」や「舌の位置」を大げさなほどしっかり作らなければ、英語の音は生まれません。
口を大きく動かすために必要になるのが、柔軟な表情筋です。
普段日本語しか話さない私たちの表情筋は、固く締まった状態です。

英語を話すには、毎日この表情筋を意識して動かし、筋トレをすることが大切です。

LATの反射復唱法トレーニング

LATでは、英語を話せるようになるための最適なトレーニングプランをご用意しています。
そのプランとは、特許を取得した、LAT独自の反射復唱法トレーニングです。

口を大きく動かし表情筋を鍛えるのと同時に、英語が瞬間的に口に出るよう脳にインプットしていきます。
脳の記憶サイクルに合わせ、最適な量を、最適なタイミングでご提供します。

「5日間」で脳に叩き込む!

この反射復唱法トレーニングは、5日間で1セクションが完了するよう設計されています。
実は、この「5日間」に秘密が隠されています。

LATのトレーニングプランは、人間の中期記憶の忘却曲線を考慮し、開発されました。
脳に定着させるための最善の方法として、科学的根拠に基づいて5日間となったのです。

毎日どんどん新しいものを取り込んでいくーーーそうすれば、たしかに計算上は、早く目標達成できるでしょう。
しかし、残念ながら、人間は忘れていきます。

覚えたつもり、わかったつもりでも、1回見ただけでは脳から滑り落ちてしまうのです。
何日間も繰り返すと「しつこい」と感じるかもしれませんが、それこそが私たちの脳に刻まれた証拠です。

LATが目指しているのは、「英語を脳に叩き込む感覚」

5日間かけてじっくりと取り組み、脳に染み込ませることで長期記憶となり、年月が経っても忘れにくくなります。
とっさの英語での会話のときに威力を発揮するのは、この脳に叩き込まれた英語です。

特に意識しなくても、口からするりとその英語が出てくるようになるのです。
この5日間の繰り返しにこそ、特許を取得したLATのプログラムのよさが詰まっています。

適度な負荷と正しいフォームで

筋トレは、適度な負荷で正しいフォームで行うことが重要です。

一気に筋肉をつけようとして、重いダンベルをがむしゃらに振り回しても、よい効果は得られません。
真に持続力のある、身体をしっかり支えるコアマッスルをつけるためには、ちょうどいい負荷をかけながら、正しい方法で毎日コツコツと続ける必要があります。

そして、これは英語を話すためのトレーニングでも、同じことが言えます。
単語帳一冊を一気に詰め込めば、その直後には効果を感じられるかもしれません。

しかし、脳にしっかり刻まれないので、すぐに忘れてしまうでしょう。
また、本一冊分をしっかり口を大きく動かしながら練習するのは、かなり体力が必要のはずです。

それをラクラクこなせてしまっているのであれば、正しい動かし方をできていない可能性があります。

LATには専属トレーナーがいる!

自分のトレーニングの進め方やフォームが正しいのか、しっかり筋肉がついているのか、確認することは難しいですよね。
ご安心ください!
LATには、あなたのトレーニングをサポートする専属トレーナー(=担当コーチ)がいます。

ジムで専属トレーナーが付いて筋トレを行うのと同じように、LATでは、担当コーチがあなたのトレーニングの状態をレッスン内で平日毎日確認します

そしてコーチからのフィードバックを受け、トレーニングに活かしていくことができます。
一人でがんばるのではなく、担当コーチと一緒にがんばっていきましょう!

まとめ

いかがでしたか。

LATは、あなたの英語のトレーナー兼ペースメーカーとして、無理なく着実に実力がつくよう、最適なプログラムをご提供しております。
LATにお任せいただき、目の前のトレーニングに取り組んでください。

きっと、持続性のあるしっかりとした英語の力をつけることができます。
ご登録をお待ちしております!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 英語は聞こえたまま発音しよう!

  2. LATのオンライン英会話で英語の筋トレをしよう!

  3. LATの考える「ビジネス英語」の必要条件とは?

  1. 日本と全然違う?!海外のハロウィン文化

  2. 【ウエンツ瑛士さんが英語を話せるようになった理由】海外留学で本当の英語力を身につけるには?

  3. 【落とし穴に要注意!】英語スピーキングにおけるSNSの間違った使い方

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP
カード登録不要!1週間無料体験実施中
今すぐ申し込む
1週間無料体験はコチラ