海外赴任先で困らない英語スピーキングを身に着けるためには

海外赴任に向けて”ビジネス英語を学ぶ”だけではダメな理由

ほとんど英語を話せない状態で、3ヶ月後に海外赴任が決まった際、皆様はどのように英会話の準備を始めるでしょうか。海外赴任ですので、当然、目標はビジネスで役立つ英会話を身に着けることになると思います。

多くの方はビジネス英会話の表現を学ぶため、世の中に数多くあるビジネス英会話コースを提唱する英会話スクールに通うことを考えるのではないでしょうか。

実はここに大きな落とし穴があります。

このようなアプローチは、スポーツで例えると、まだテニスをやったこともない方が、とりあえずサーブだけ入るようにして欲しいと言っているような状況です。サーブを入れられるだけで試合になりません。サーブはテニスで必要とされるプレーの一部であって、それだけでは試合は成り立ちません。

英会話も同じです。ビジネス表現だけをいくつか覚えたところで、取引先と信頼関係を構築できる会話の内容は、何気ない雑談であったり、相手のふとした言葉を拾い上げるコミュニケーション能力だったりします。

ビジネスの英語スピーキングは流暢でも、他のことはほとんど話せないような人は信頼を得ることが難しいものです。ビジネスのための英会話だから、ビジネス表現を暗記するということは、決して無駄ではありません。しかし、ビジネス表現「だけ」になってしまうのは、的外れな方法であることがご理解いただけるかと思います。

海外赴任までに英語スピーキングを身に着けるために今からできること

それでは、3ヶ月の間に取り組むべきことは何なのでしょうか。

残念ながら、近道はありません。赴任前の3ヶ月の間にとにかくたくさん話すことです。英会話で重要となるスピーキング力は勉強で身につけることは決してできず、練習によってのみ身につけることができるものです。

スポーツと同じように練習を通してのみ英語スピーキング力を身につけることができるのです。既に実績のある練習プログラムに基づいて、とにかく沢山スピーキング練習をすることだけが、英語スピーキング力をつける近道なのです。

3ヶ月で英語スピーキングの上達を実感するために

では、どれくらいの量のスピーキング練習をすれば良いのでしょうか。

これもスポーツと同じように個人差があり、上達するスピードも個人個人で異なります。「・・・だけ」とか「あっという間に・・・」という安易な道がないのもスポーツに通じます。

弊社の実績ベースだと、おおよそ100時間スピーキング練習をすることで、かなりの上達を実感することができるはずです。

3ヶ月間で100時間というと、1ヶ月で33時間、1日あたり1時間強という計算になります。まずはトータル100時間のスピーキング練習に取り組んでみてください。間違いなく英語を話すために必要な筋肉が身につき、英語スピーキングへの抵抗感も薄れてきます。

100時間を経過するとご自身がスムーズに英語スピーキングができるのに驚くかもしれません。

短期間に英会話を習得しなければならないのであれば、まずは100時間のスピーキング練習をどれだけの期間で実現するのかを決めましょう。3ヶ月後に話せるようになる必要があれば、まずは最低限毎日1時間の英語スピーキング練習を開始してください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP