失敗しない!英会話スクールの正しい選び方

英会話ができるようになりたい!と思ったとき、どのようなことが選択肢に思い浮かぶでしょうか?
移住、留学なども一つの手ですが、おそらく最もハードルが低いのは「英会話スクール」ではないでしょうか。
しかし、日本には数多く英会話スクールが存在するため、迷われる方も多いと思います。
今回は、自分に合った英会話スクールを選ぶ際のポイントをお伝えします。

英会話スクールの2つのタイプ

英会話スクールでは、大きく分けて2つの学習メソッドがあります。
一つは、知識やテクニック、ノウハウを教えるタイプの英会話スクール。
知識習得型と呼んだりしますが、「勉強の場」としてのスクールです。
もう一つは、英語を話す練習をするタイプのものです。
読んで字のごとく、「練習の場」としての英会話スクールです。
英語を話せるようになりたいとき、どちらを選ぶべきなのでしょうか?

まず、考えてみていただきたいのは、ネイティブが話せるようになる仮定です。
私たちが日本語を話せるようになってきたように、赤ちゃんは「練習」して英語を話せるようになっていきます。
決して「勉強」して話せるようになってはいないはずです。
少し間違っていても、つっかえながらでも、子供は一生懸命話そうとします
「おなかが減った」、「抱っこしてほしい」、「遊びたい」などの、意志を伝えたいからです
多少、助詞が間違っていても、本来の単語の使い方でなくとも、なんとなく意味が伝わるところから少しずつ伝えられるようになっていきます
いわゆる「勉強」などは全くせずとも

【知識習得型】勉強の場としての英会話スクール

ではなぜ、「勉強の場」としてのスクールが大半を占めるのでしょうか?
それには二つ理由があります
一つ目は、日本人が英語は「言語」である前に、「語学」だと考えていることが大きいように思います。
英語には常に「試験範囲」があり「点数」が付けられ、「評価」されるものだった時間があまりにも長いのです。

伝えるための手段から、大学入試のための一つの道具と捉えてきた人も多いのではないでしょうか。だからこそ、英語が話せるようになるには「勉強」が必要だと考える風潮があり、「勉強型」スクールが多くなっているのだと感じます。

二つ目の理由は、母国語が話せてしまうことです。
これを言っては元も子もありませんが、母国語が話せるからこそ、母国語で英語を整理して、理解して、置き換えるという作業がしたくなるのです。ベースとなる母国語が無ければ、このような方法を取るはずはありません。

確かに母国語が話せるので、一定レベル(中学校で習うような英語レベル)までは勉強した方が効率はいいでしょう。”How are you?”や、”What is your name?”、”I live in London.”なども意味があやふやな方は、いったん「勉強」して一定レベルまでになることは確かに得策だと思います。

【会話練習型】練習の場としての英会話スクール

一方で、先ほどのような英語は理解出来る方であれば、必要なのは「勉強」ではなく「練習」です。英語を「語学」ではなく「言語」としてとらえ、聴く「練習」と伝える「練習」をすることが話せるようになる最短距離です。
理由は簡単。日本語をベースに勉強して覚えた英語は、使うときに自己翻訳が必要で、口から出すのが大変である(むしろ全く出てこないという人が多い)からです。

英語を勉強しても話せるようにならない脳の仕組みについては前回のブログと動画でも解説しています。

(参照『英語が話せない脳の仕組み』URL、代表ビデオメッセージ『英語が話せない脳の仕組み解説します』

① 相手の英語を聞いて
② 自分の頭で日本語に翻訳して、
③ 言いたいことを日本語で考えて
④ 言いたいことを英語に翻訳して、
⑤ 口から出す。
このステップのスピード感で会話してくれるのは、皮肉なもので英会話スクールの中だけです。
語学」としての英語に真剣に向き合ってきた人ほど、この罠にかかります
言語」として、英語を「練習」することで、
① 相手の英語を聞いて
② 自分の言いたいことが、英語で口から出てくる
になることが出来ます。
「いやいや、さすがにちょっと言い過ぎじゃない?」と思ったあなた。
ぜひ、試してみてください。練習を通してこそ、言語としての、身体能力としての英会話力を身に付けることができるようになるのです。

英会話スクールを選ぶポイント

最後に、結局どんなスクールを選んだらいいのかというお話です。
ここまで読んでいただいた方は、なんとなく【会話練習型】が良いんでしょう?というところまではご理解頂けているかと思います。
その中でも大切なポイントは、頻度高く継続出来るスクールであることです。
練習タイプは、ある意味スポーツと同じような身に付け方なので、時々やるだけでは定着しません
大切なのは、短い時間でも良いので、毎日続けて習慣化させることです。

サボれない英会話スクール

LATは、【会話練習型】であること言わずもがな、特に頻度高く継続出来る仕組みになっております。
言い換えれば、「サボれない」英会話スクールです。
担任制を取っており、「毎日決まった時間に」講師の方から」「7分間だけの」電話がかかってきます。
自分で先生を選んだり、予約手続きをしたり、時間をしっかり確保する必要が無く、
ご自身のモチベーションに関係なく、いやでも続けるしかない環境を整えております。
英語が話せるようにならない理由というのは、「継続出来なかった」に集約されます。
もしあなたの「英語が話せるようになりたい」が本当なら、ぜひLATの無料体験をお試しください!

下のボタンをクリックすると一週間の無料体験を受けられます。
お申込みをお待ちしております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 世界の夏休み事情について

  2. 英会話の教材選びのポイント

  3. 英会話に必要なのは自信ではなく、勇気!

  1. 【ウエンツ瑛士さんが英語を話せるようになった理由】海外留学で本当の英語力を身につけるには?

  2. 【落とし穴に要注意!】英語スピーキングにおけるSNSの間違った使い方

  3. 日本と全然違う?!海外のハロウィン文化

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP
カード登録不要!1週間無料体験実施中
今すぐ申し込む
1週間無料体験はコチラ