毎日トレーニングできる環境こそ英語スピーキングが身につく近道

実際に先生のいる教室に通う英会話スクールとLATのオンラインレッスンはどこが違うのでしょう?

「教室に通うか通わないかの違いだけで、どちらも英会話の講師から、英会話を教えてもらうんでしょ。」

確かに教室で学ぶのと同様のカリキュラムで英会話習得を目指すオンラインの英会話スクールもあります。違いは、オンラインで都合の良い時間にどこででも学ぶことができるという点だけ。それだったら、同じ目標を持つ仲間もできるし、先生とじっくり向き合う事はできるし教室へ通う方がいいのではないだろうか、というイメージも理解できます。

すでに英会話をマスターしてレベル維持を目的としている上級者は別として、一般的に英会話教室では用意されているテキストに添って学習が進められていきます。

いわゆる「勉強」「教えてもらう」というスタイルと言えるでしょう。

「勉強」して英語を覚えると、頭の中で日本語の作文をしてから英語へ翻訳する「クセ」が抜けなくなります。脳内でこの作業をしていると会話の最中にも関わらず、無言の間が開いてしまう事になるのです。常にこれでは、スムーズに会話を楽しむことができませんね。

英会話を勉強するか英語スピーキングをトレーニングするか

実は英語を話せるようになるためには、「勉強」よりも「トレーニング」が大切だと私たちLATでは考えています。

もちろん、「勉強」は無駄なことではありません。

ですが日常生活において母語である日本語を話すとき、私たちは話したい内容は考えても言葉自体は反射的に口から出てきているはずです。状況によっては言葉を選びながら話すシーンもありますが、それは特別なケースです。

「反射的に言葉が出てくる」ようにすることが、英語スピーキングが出来るようになるためのポイントなのです。

「反射的に言葉が出てくる」こということは、「身体で覚える」ということ。

これは、「勉強」では身につかないものです。

自転車に乗れない子が補助輪なしで自転車に乗れるようになるためには、どのようにすればよいでしょう。

ただひたすら、何度も転んだり、バランスを崩したりしながら練習あるのみですよね。乗り方の見本を見るだけ、上手に乗るためのコツを聞くだけでは知識は身につきますが、実際に乗ることができるようにはなりません。

英語を話せるようになるというのは、自転車に乗るのと一緒なのです。先生の見本を聞いているだけやテキストを読み込んでの知識のインプットだけではなく、実際に話すトレーニングを積み重ねて、身体で覚えていくことが大切なのです。

だからLATはオンライントレーニング

体で覚えるには、出来る限り毎日トレーニングすることが必要です。

トレーニングとトレーニングの間が空いてしまうと、「3歩進んで2歩下がる」といった状況になります。

毎日、教室に通うのは時間的にも体力的にも経済的にもなかなか難しい事です。話すトレーニングをするのならば、毎日取り組みやすいオンラインを利用するのがおすすめです。

トレーニングするからには、ただ何となくトレーニングするよりも、より効果がでるようなシステムに基づいて進めていくべきでしょう。

LATでは毎日のオンラインレッスンと共に、担当のコーチがあなたに合わせて反復復唱法トレーニング課題を作成して、毎日のトレーニングが効果的になるようにサポートも行っています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP