英会話力習得の際に何が重要か?

こんにちは!
LAT英会話トレーニングカスタマーサポートの羽迫です。

今日は、「英会話力習得の際に何が重要か?」に関して、お話しさせて頂きます!

<英会話力習得において大事なこと>
英語は話せるようになりたい!でもどこから始めたらいいのかわからない。
という方も多いと思います。
これだけいろいろな英語情報が氾濫していたら、それも当然のことです。
それに、せっかく選んで学習を始めても、途中で「本当にこのやり方であってるのかな。。。」と不安になってしまって、結局違うレッスンを取り出して、最終的にもっとドツボにハマっていく、、、
というルーティンに陥ってしまう人も見かけます。

そういったことを避けるためにも、まず、何が重要かを一緒に考えていきましょう!

<あなたのゴールはなんですか?>
英語を身につける、と言うのは簡単ですが、
どんなイメージを持っているかで最適なアプローチ方法が変わってきます。
どういうことかというと、下記の2つの例を見てみてください。

①あなたは、英検一級に合格したいのですか?
②あなたは、海外旅行へいった時に、言葉のかべに臆することなく、思いっきり楽しめるようになりたいのですか?

英検一級を持っていたら、外国人との会話で快適に自分らしく楽しめるかどうか?
答えは、否、です。

では、外国人と楽しく話せていて、海外旅行も全くストレスを感じない、という人は、みんな英検一級を持っているのでしょうか?
これもまた、同じく答えは、否、なのです。

<同じ「英語」なのにどうしてそういうことが起きるのか?>
英語とは言語です。
日本語と同じように、学問の観点からと、日常で話す観点からとだと、必要なアプローチの方法が全く違います。
私たちは日々日本語を話して生活していますが、
日本語の漢字検定にみんな受かるのか?というとそうではない、という意味です。

リスニング、スピーキング、ライティング、リーディング、
そのどこから攻めていくのかは、あなたのゴールにかかっているのです。
もし試験に受かりたいならば、その試験に合わせた勉強が必要になるし、
外国人と話せるようになりたいのであれば、話す練習と聞く練習が欠かせないでしょう。

それを漠然と「英語」と取り組むと、ドツボへの第一歩となるんですね。

<じゃぁ、どうしたらいいの?>
言葉を身につける、というのは大変な努力と時間がいる、ということを忘れないでください。
実際、母国語できちんとコミュニケーションを取れるようになったのは、幾つの時でしょうか?
また、書けるだけでも、読めるだけでも、話せるだけでもなく、
その底力を徐々にバランス良く上げていくことによって、だんだん全体的な力も上がっていったのではないでしょうか?

英語を話せるようになる道も一緒です。
地道な努力が欠かせません。

<日本人だから気をつけて欲しいこと>
語学のお仕事に携わって何年も経ちますが、
日本人の生徒さんに共通していることがあります。

それは、英語を話せないのではなくて、話さないということ。
自分で思っているより、できていらっしゃる方の方が多いのに、です。

なぜ話さないかというと、日本の学校教育の方法が大きく影響していると思います。
日本の学校は、1時間弱の授業の中で、挙手した生徒の中で、先生から指名された人のみ、発言権を得ます。
もしくは、最初から先生に選ばれた人が発言するという形ですね。

そんな中で、あっているという自信がよっぽどある場合を除いて、だんだんと挙手もしなくなり、発言しようとしなくなっていきます。
座って人の話を聞く、というトレーニングは受けていますが、自主的に発言して行く、意見を述べて行く、また、意見交換をする。
という形式に、単に慣れていないんですね。

ですが、そもそも、ほとんどの日本人は、中学校と高校で、6年間は英語を勉強してきています。
そのため、英語の成績に関わらず、基礎ができているということなんです。
最初から100点満点を狙わないでください。
日本語だって、間違えながら、使いながら、覚えてきましたよね?
英語も、一緒です。

<英会話力をつけるための心構え>
これはわかっていただきたいのですが、
失敗しない、間違えない、は無理です。
それに、
失敗して間違える方が、覚えが早いです。

失敗を恐れず、自信を持って、声に出してどんどんコミュニケーションをとっていってください。
そして、地道に、諦めずに、続けていってみてください。

<そうはいっても何を言ったら良いかわからない>
そうは言っても何を言ったら良いかわからないという方もいらっしゃるかと思います。
そういう方に質問があります。

あなたは、母国語で話している時にお喋りですか?それとも無口なタイプですか?

もし、母国語を話している時も、自分は割と受け身で無口だ、というならば、英語に変えたからと言ってペラペラとたくさん話せなくても当たり前でしょう。

母国語で話すときはお喋りなのに、英語だとどう話していいかわからなくなってしまう!
という方は、
言いたいことを小さい子供に話すと仮定して、簡潔に話してみてください。

例えば、同僚に週末のことを話すとき。

「昨日さ、久しぶりに大学の同級生に会って飲みにいったんだけど、行こうと思ってたお店が満席でさ、それで結局駅前の新しいところにいったんだけどまぁまぁ美味しかったから今度一緒に行こうよ!」

これをいきなり英語で言おうとするとパンクしますね。

そういうときは、
「昨日友達にあった。
レストランへ行った。
満席だった。
新しいレストランへ行った。
今度一緒に行こうね。」

という風にブレイクダウンして伝えてください。

落ち着いて、ゆっくり、シンプルに、で良いのです。

<結局、大事なのは?>
英会話力習得において大事なことは、結局とてもシンプルです。
ゴールをはっきりさせること。
それに向かって、勇気を持って地道に努力を続けること、です。

英語が使えるようになる、ということは、
世界への鍵を手に入れるのと一緒です。

ぜひ、夢に向かって踏み出してみてください!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP