【英語の発音を気にするあなたへ】カタカナ英語も実はOK?!

こんにちは!

LAT英会話トレーニングカスタマーサポートです。

今回は、「カタカナ英語もOK!話し続けることの大切さ」についてお話をします。

日本人が陥りがちな『思い込み』を捨てよう

『カタカナ英語=悪』ではない!

みなさんは、ご自分の英語の発音が気になりますか?

通じなかったら恥ずかしいから、話したくない・・なんて思っていませんか?

「カタカナ英語は通じない」

「カタカナ英語は絶対やめるべき!」

そんな思いにとらわれているのなら、それは間違いです。

カタカナ英語だって大丈夫!意外と通じるものです。

そもそも、世界中どの英語話者も、大なり小なりアクセント(なまり)があります。

私たち日本人が、日本語なまりの英語を話すのは当然であり、恥ずかしいことではありません。

カタカナ英語でも、LとRの発音を混同しても、THをしっかり発音できなくても、気にしないで!

まずは口に出して話してみなければ、何も始まりません。

『通じない=自分の英語がダメ』ではない!

英語を話すとき、相手に聞き返されたり、「あ、今の通じてないな」と思うってこと、ありますよね。

そもそも英語に自信がない状態なので、通じない経験は、精神的にダメージを受けます。

「もう一回言って」と言われると、もう話したくなくなってしまうことも。

でも、それって実は、あなたの英語力の問題ではないことも多々あるんです。

考えてみてください。

日本語での会話でも、声が聞き取りづらくて聞き返すことはありますよね。

それなのに、英語になったとたん、「相手に聞こえなかった=自分の英語力がない」というネガティブ思考になってしまうのはなぜでしょうか。

ただ単に声が小さくて、周りがうるさくて、など、聞き取れないのには色々な要因もあるものです。

ましてや対面での会話なら、このご時世にはマスク越し。聞き取りづらくて当然です。

聞き返されたのなら、さっきよりも大きな声で、はっきりと言い直してみましょう。

話したことが伝わっていなかったようなら、もう一度はっきりと説明してみましょう。

伝わらないなら、伝わるまで気持ちを込めてくりかえし言いましょう。

自信を持って話せば、きっとよい結果につながっていきます。

目指すのは『伝わる英語』

ネイティブ英語を目指さない

ネイティブの英語、あこがれますよね。

発音も文法も表現も、何もかも完璧な英語です。

しかし、私たち非ネイティブは「ネイティブ英語」をいきなり話すことはできません。

英語は、かっこよさを目指すファッションではなく、コミュニケーションの道具です。

最初はカタカナ英語でもいいので、自分を表現するためにどんどん英語で話してみましょう。

私たちの英語の目指すべきところは、「伝わる英語」です。

英語を口に出して話すことで、またたくさんの英語を耳にすることによって、英語は磨かれていきます。

たくさん失敗して、試行錯誤して、自分なりの「伝わる英語」を見つけましょう!

手軽なテクニックに頼らない

動画サイトでは、『ネイティブっぽく聞こえる発音』『ネイティブっぽい表現』など、いかにネイティブに近づくか?を検証する動画が人気です。

しかし、たとえば以下のように、思い込んでしまうのは危険です。

  『アイ ウォント トゥー』はいかにもカタカナで通じない。
  『アイ ワナ』はネイティブっぽいから通じる。

こういった小手先のテクニックを覚えていると、かえって遠回りになってしまいます。

英会話もスポーツと同じで、徐々に上達していくものです。

伝わったことも通じなかったことも、全ての経験が英語習得に役立ちます。

これは○、これは✕、と決めつけずに、どんどん試してみてください。

10点の英語でもいいから、まずは口に出して練習しよう!

テストでの採点に慣れた私たちがまず考えることは、「0点を取りたくない」「高得点じゃなきゃ恥ずかしい」。

ゆえに、「カッコよく話せないんだったら、いっそ英語なんて話したくない!」と思いがちです。

しかし、実はそうではありません。

100点取れるようになってから話そう、なんて思っていたら、いつまでたっても話せるようにはなりません。

カタカナ英語であっても、文法が間違っていても、口に出して相手に届いた時点で、すでに合格点です!

まずは10点の英語でも良いので、「相手とのコミュニケーションが本来の言語の目的だ」と忘れずに、一歩一歩取り組んでいきましょう。

一朝一夕には結果は出ませんが、その一歩を踏み出さなくては、1年後も5年後も何も変わりません。

真鍋淑郎さんの例

ところで2021年、真鍋淑郎さんがノーベル物理学賞を受賞されました。

長年アメリカで研究を続けている、地球温暖化研究の第一人者です。

みなさんは、真鍋さんの英語の会見を目にしたことがあるでしょうか。

真鍋さんの英語の発音自体は、いわゆるカタカナ英語です。

しかし、人々は真鍋さんの話を真剣に聞き、しっかり理解しています。

カタカナ英語でもしっかり人に伝わっている、素晴らしい実例だと思います。

私たちも、「伝わる英語」を目指して、英語習得に取り組んでいきましょう。

まとめ

いかがでしたか。

カタカナ英語でもいいから、まずは話してみよう!と思っていただけたでしょうか。

100点満点を目指さずに、今できる力を使って、とにかく実践で話してみることが大切。

LATでは、毎日30分の自主トレーニング(反射復唱法)と平日毎日7分間のオンラインレッスンにより、毎日強制的に英語を口に出す機会をご提供しています。

ぜひ、LATで毎日英語で話さざるを得ない体験をしてみてください。

第一歩はここから始まります!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP