英語スピーキングに欠かせない三つのエレメント

こんにちは!
LAT英会話トレーニングカスタマーサポートの羽迫です。
このブログでは、英語を話せるようになるポイントを共有させていただきたいと思います。

今回は、英語スピーキングで重要な三つのエレメントについて、お伝えしていきます。
英語スピーキングとは言っても、いわゆるスピーチというよりも、双方向のコミュニケーションで重要となるポイントです。

そもそも、英語のスピーキング力をつける、とか、
英語でコミュニケーションを取るって、どういうことでしょう?

簡単にいうと、同僚や友達、家族など、出会った人と、お互いに意思の疎通を図れるようになる状態ですよね。

そうなると大体の場合、
「話す力と、聞く力」を付ける必要があるのは、ご理解いただけるかなと思います。

この、英語を身につける過程なのですが、スポーツに例えるとわかりやすいので、ちょっとスポーツでイメージしてみてください。

例えば野球だとして、
素振りの練習はしないのに、練習試合ばかり出ていても、ちゃんとした力がつきませんよね?
逆に、素振りの練習ばかりしていても、練習試合をしてみないと、せっかくの実践の際に力が出しきれません。

英語も同じだとお考えください。

結局、知識があっても使えなければ意味がない
話す練習をどのようにどれだけするかに、
スピーキング力はかかってくるからです。

そして、英語はコミュニケーションの手段なので、
一方的に話す練習ばかりしているだけでなく、相手が何を言っているのか聞き取る力も必要
です。

例えるとするならば、スピーチなどの一方通行の発信であればなんとかなるかと思います。
ただ、あくまでも、英会話に必要なのは、双方のコミュニケーションです。
なので、スピーチ後の質疑応答になると、話す力だけでは対応できなくなりますね。
一方的に話す能力だけでは、コミュニケーションが成立しないのです。

なので、「話す力と、聞く力」をバランスよくつけて行くことが大事になってきます。

日本の今までの英語教育は、この「自主練重視」のような風潮がありました。
自分で教科書を使って、テストに向けて読み、書く勉強をする。
それだと自分主体の発信の時だけはなんとかなるかもしれません。
なので、テストでは良い点を取れるけど、
話す、聞く、という練習試合が圧倒的に足りないため、
外国人との会話になるとたじろいでしまう、という状況が生まれていました。

それを乗り越えるためには、練習試合のような位置付けの、「英語で会話する練習をする機会」を設け、瞬間的な対応力を養っていくことが必要です。

そのため、
自主練と併せ、外国人と英語で話す機会を得ることがおすすめです。

さて、コミュニケーションをとるには、「話す力と、聞く力」を付けることが必要なのは申し上げた通りなのですが、
ここで、三つ目のあまり知られていないけれど、とても大事なエレメントをお伝えします。

それは、
恐れずに英語で発言しコミュニケーションをとる「勇気」を身につけること
です。

①話す力
②聞く力
そして!!!
③勇気

です。

この「勇気」、どれくらい大事かというと、
これさえあれば①と②がほとんどなくても、外国人とコミュニケーションをとる強者がいるくらい、大事なんです。

例えばですが、
ほとんど英語を話すことができないはずの私の父は、
スペインへ旅行に行き、バルセロナのスターバックスで、(海外のスターバックスへ行くと、注文の際にカップに書く用に名前を聞かれます)

「What is your name?」
と聞かれた時、

「Messi」と答え、

スペイン人を笑わせて帰ってきました。

また、子供はコンフォートゾーンを開拓中なので、
恐怖心が先立たないことも多く、
子供同士で遊ばせると、言葉が通じなくても仲良く遊び始める、というのは聞いたことがあるかと思います。
恐怖心がない=勇気 とも言えますね。

オープンな人、というのは元々の性格がありますから、全員に当てはまることではありません。
ただ、この三つを身につけるために、失敗しても諦めずに取り組んでいく姿勢を続ければ、必ず上達していきます。
かくいう私は、人見知りの性格のため、
何回も恥ずかしい思いや、泣きそうな経験を繰り返しながら、対応力を身につけていきました。

結局のところ、そのプロセスを通らずに、流暢な英語のスピーキング力を身につけた人はいないのではないかと思います。
(子供やオープンな人でも、結局のところきちんとコミュニケーションを取れるようになるには、①②③が欠かせません)

英語でコミュニケーションが取れるようになるかどうか、は才能ではありません。
「慣れ」なのです。

めげずに続けていくことが、大切です。

最初は、英語で外国人と話すということ自体に緊張してしまう方も多くいます。
なので、留学しているわけではないけれど、どこにいても英語で話す機会があれば、オンラインやオフライン関係なくどんどん英語でコミュニケーションは取るべきだと思います。
コミュニケーションの中で、勇気を持って、できるだけ失敗も経験してください。

そして失敗を体験したら、そのまま放置するのではなく、
その後きちんと身になるように努力すれば、
失敗は自分の力になってくれます。

一般的に、「英語」というと、漠然としたイメージしか持っていない方がほとんどだと思います。
読む力、書く力、話す力、聞く力、色んな角度から、英語というものにはアプローチができます。

昨今では、SNSも発達し、オンラインでも海外の方とコミュニケーションをとる場所はたくさん出てきました。
語学交換ができるサイトなどもあるので、そういったものも活用しながら、
たくさん聞いて、たくさん声に出し、そしてたくさん失敗しながら、英語を話す練習に取り組んでみてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP