英語を身につけるのに、「語学センス」って必要?

「なかなか英語が上達しないな・・・自分は語学センスがないのかな」
「何ヵ国語も話せるなんて、語学センスがあるんだね」

こんなふうに、外国語を話せるかどうかを「語学センス」の有無でとらえる人がいます。
「語学センス」とは、一体なんでしょうか。
まずは、一般的な「センス」ということについて考えてみましょう。

「センス」とは?

元の英単語である “sense “と、日本語でいう「センス」は、少し違っています。
“sense “にはいくつか意味がありますが、日本語の「センスがある」に近い意味のものを英英辞典から引用すると、

the ability to understand or judge something
=物事を理解したり判断する能力

ロングマン英英辞典

となります。

日本語で「センス」というと、「鋭い感覚」や「才能」という意味を含みますが、英語の”sense”にはそのような意味合いは含まれていません

しかし、“ability”(能力)であると考えれば、努力次第で鍛えることができると思いませんか?

「センス」は先天的?後天的?

センスには、先天的と後天的なものがあると言われています。
先天的な「センス」と言えるものは、身体能力といった遺伝的な要素を含むものです。

しかし、この先天的なセンスの影響は限定的で、ほぼ環境やトレーニングによって変わります。
たとえば、ミュージシャンの子供は、音楽センスがあると言われますね。

しかし、赤ちゃんの頃から音楽に囲まれて生活している中で、音楽センスが育まれる部分が大きいはずです。
そういったインプットやトレーニングなしに、センスは育ちません。

「センス」を育てる

くまモン等を手掛けたクリエイティブディレクターの水野学さんは、以下のように述べています。

  • センスは、知識の蓄えである
  • センスのよさは、やるべきことをやり、必要な時間をかければ、誰にでも手に入る
  • 「センスがない」というのは言いわけにすぎない

センスは、あくまで “ability”(能力)であり、努力で身につけることができます。

美的センスがある人は、美術館でアートに触れたり、写真集を見たり、良質なものを普段からたくさんインプットしています。

感覚で選んでいるようで実は、自分の中に蓄積された膨大な知識を元に取捨選択しています。
多くのインプットとアウトプットを繰り返すことで、センスを身につけ、自分のものにすることができるのです。

「語学センス」について考える

センスは、後天的なもので、鍛えることができるということはわかりました。

それでは、今回の本題である「語学センス」について考えてみましょう。
「語学センス」は、英語を身につける上で絶対必要なのでしょうか。

「語学センス」とは

何ヵ国語も操るマルチリンガルや、言語の吸収が早い人、発音がいい人・・・
このような人たちは、「語学センスがある」と言われがちです。

しかし、これはただ「センスがいい」ということで片付けてはいけません。
このような人たちは、無意識かもしれませんが、それだけ知識をインプットしているのです。

語学センスは、先にお伝えした「センス」と同様、知識と努力で磨くことができます。

語学センスが育ちにくい日本

「日本人は日本語しか話せず、語学センスがない」などという声もあります。
これは、残念ながらある意味で事実です。

日本という環境では、基本的に日本語だけで完結しています。
私たちは、赤ちゃんの頃から、日本語だけに囲まれて暮らしてきました。

日本語を話す人とだけ接し、テレビなどの娯楽も、日本語でのコンテンツが充実しています。
他の言語に触れる時間はとても少ないので、語学センスを磨くためのインプットがほとんどありません。

マルチリンガルのヨーロッパ人

一方、マルチリンガルが多いヨーロッパ人はどうでしょうか。
幼い頃から、いくつもの言語が生活の中に溢れています。接する人も、メディアも、多言語です。
また、多言語ゆえにメディアがすべての言語に対応していないため、幼い頃から映画は英語で観ていたりします。

そんな中で育ってきているので、言語のインプットが膨大です。
まさに、幼少期から語学のセンスを磨き続けているのです。

語学センスの磨き方

このように、残念ながら日本で普通に生活しているだけでは、語学センスは磨かれません。
しかし、自分から英語に積極的に触れていけば、今からでも語学センスを磨くことはできるということ。

たくさんの英語を聞くことで、英語を聞く耳を育てることができます。
たくさんの英語を話すことで、口が英語を話すことに慣れていきます。
たくさんの英語を読むことで、正しい英語を知ることができます。

これを日々コツコツと繰り返すうちに、語学センスが磨かれ、言語能力が上がっていきます。
「語学センス」は絶対に必要なものではありませんが、語学を習得する上で自然と身についていくものです。

センスを磨くには、「ワンパターン必勝法」!

上でご紹介した水野さんは、「王道(定番)のものに関する知識を増やして」と言っています。
王道を知っているからこそ、系統立てて理解し、効率よく知識を増やしていけるそうです。

これは、私たちLAT英会話で推奨している「ワンパターン必勝法」と似ています。
LATでは、一つの日本語に対してたくさんの英語表現を覚えるのではなく、一対一のワンパターンのみを覚えていただいています。

こうして王道のみ覚えることで、会話の変化球にもついていきやすくなります。

まとめ

いかがでしたか。

「センスがない」とあきらめてしまうには、まだ早いです。
もっともっと良質なインプットをして、アウトプットを重ねていけば、センスが磨かれていきます。

LATでは、毎日の良質な英語環境をご提供しています。
反射復唱法トレーニングと一日7分間のレッスンで、語学センスを手に入れ鍛えていきましょう!


下のボダンクリックするとLAT英会話一週間の無料体験を受けられます。
お申込みお待ちしております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 海外留学で本当の英語力を身につけるには?

  2. 自分の英語に「自信がある!」と言えますか?

  3. 英語を身につけるのに、「語学センス」って必要?

  1. 日本と全然違う?!海外のハロウィン文化

  2. 【要注意】英語スピーキングにおけるSNSの間違った使い方

  3. 英語を話す世界で生き抜くために自分が行ったこと

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP
カード登録不要!1週間無料体験実施中
今すぐ申し込む
1週間無料体験はコチラ