自分の英語を聞く!セルフトレーニング法

Hi, how are you?

皆さんこんにちは。

LAT英会話トレーニングカスタマーサポートの石原です。

今回は、英語の発音も耳も良くなる、とっておきのトレーニング法をご紹介します。

自分の英語を聞いて行うセルフトレーニング

LATでは、ご自身で反射復唱法トレーニングを行い、それを毎日のレッスン内でコーチが聞いてチェックする、ということを繰り返していただいています。

これは大切なルーティンで、受講生の方の毎日のモチベーションにつながっています。

ここに自分の英語を聞くセルフトレーニングをプラスすることで、さらなる効果が期待できるのです。

自分の声を、しかも英語で話す声を聞くなんて、少し恥ずかしく感じるかもしれません。

でも、客観的に自分の英語を聞いてみると、発見がたくさんありますよ。

セルフトレーニングで期待できる効果

このトレーニングは、とてもシンプルです。

自分の英語を録画・録音して聴きながら、ナチュラル英語に近づけるように練習する、というもの。

それなのに、これだけの効果を期待できます。

  • 発音矯正(英語のサンプルに近づける)
  • 英語の発声練習(マイクに向かってはっきり話す)
  • 英語の耳を鍛える(英語のサンプルを聴き込む)

さぁ、Let’s try!

<やり方>

ご自分のお好きな英文(英語音声のあるもの)を選んでください。

初めは同じものを繰り返し練習したほうがいいので、短いフレーズから始めましょう。

それでは、それを録画・録音してみます。

スマートフォンのカメラ機能を使えば、とっても簡単です。

カメラを立ち上げ、動画モードに切り替えてください。

カメラに向かって、話す口元を映しながら英語のフレーズを言います。

映像は恥ずかしいという方は、カメラを伏せて音声だけ撮ってもかまいません。

ここでひとつポイントがあります。

スマホのマイクに口を近づけて話すのはNG!

スマホはテーブルに置いて、会話する相手くらいの距離を取ってください。

すると、マイクに声を届けようとして、大きな声になりませんか?

これがとても重要です。

この練習は、相手にどう聞こえているか、チェックする意味もあるからです。

そして、大きな声で話すことが、英語の発声練習にもなります。

口をしっかり動かして、声を前に届けましょう!

<チェックポイント>

では、いよいよ撮ったものを見て/聞いてみます。

どうですか?はっきり聞こえていますか?

動画を撮った方は、口がしっかり動いていますか?

サンプルの英語音声と聴き比べてみてください。

ここでは、話すスピードではなく、英語のリズムに注目します。

はっきり聞こえる音、単語に挟まれて消えてしまっている音、強弱がありますよね。

そこを再現するように練習してみましょう。

サンプル音声と同じに聞こえるまで、抑揚もしっかりつけます。

セルフトレーニングでリスニング力アップ

このセルフトレーニングでは、発音・発声を直す以外に、耳を鍛える効果が期待できます。

普段はサンプルの英語を何気なく聞いていると思いますが、このようにコピーしようとすると、英語の強弱・リズムに気を配ることができます。

この英語のリズムがつかめると、はっきり発音されない音にも注意できるようになり、リスニング力が格段にアップします。

自分の音を聞くことに慣れて耳が鍛えられてきたら、録音しなくても話しながら自分の英語に注目できるようになってきます。

このトレーニングの発展形として、英語の絵本や洋書の朗読もおすすめです。

(洋書の朗読については、また別の機会にお話ししますね。)

その第一歩として、まずは短いフレーズから、恥ずかしがらずに自分の声を聞いてみましょう。

セルフトレーニングは曲を覚えるのに似ている

皆さん、邦楽でも洋楽でも、新曲を覚えようと真剣に聴いて家で練習したことはありませんか?

何度も聞きながら、歌詞が聞き取れなければ歌詞を調べて、スムーズに歌えるように繰り返し練習しますよね。

そして、上手に歌えるようになるとうれしいし、人前で歌いたくなるし、十八番にすべくますます練習します。

英語のセルフトレーニングも、歌を覚えるようなつもりで取り組んでみてはいかがでしょうか。

英語の練習がつまらない・・と感じている方も、これなら少し楽しく感じられるはずです!

まとめ

英語が上達するには、英語を好きになることが一番の近道です。

このトレーニングの初めには、自分の英語を目の当たりにして落ち込むかもしれません(私もそうでした)。

でも、そこであきらめてトレーニングを止めてしまわないでください。

英語を聴き込むうちに英語のリズムが好きになり、自分もそのリズムで話すことに心地よくなってきます。

そうなればしめたもの。

英語を口に出して練習することがどんどん楽しくなり、ますます英語を話したくなります。

それはまさに、LATが推奨する練習法です!

英語を好きになってください。そして、たくさん口を動かして英語を話しましょう。

Don’t think, just speak!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP