英語スピーキングを習得するために重要なこととは

こんにちは!
LAT英会話トレーニングカスタマーサポートの羽迫です。

今日は、「英語スピーキングを習得するために重要なこと
についてお伝えします。

日本人が陥りやすい落とし穴

英語スピーキングを習得しようとする時に日本人が陥りやすい例として、
今はあまり上手ではないから、もうちょっと上手に話せるようになってから話そう
という思考回路が挙げられます。

失敗したくない
だからもうちょっと練習して話せるようになってから…
と思うのもわかります。
でも、お勧めはできません

なぜかというと、
自分がイメージする”話せる”に近づかない限り、話すキャッチボールの練習はしないぞ
という表明になってしまうからです。
この場合の「自分がイメージする”話せる”レベル」は、
ものすごく高かったりします。
これではいつまでも「話す」ができず、英語スピーキングの練習ができないことになるのです。

出来るようになるのを待ってはいけない

「話せないから話さない」、は間違いなのです。


私はこのことに、ロシア語を学んでいる時に気づきました。
きっかけは、一つの映画でした。

ある日、レッスンの一環として、ロシアに関連する映画を観ることになりました。
「おろしや国粋夢譚」という、井上靖氏の歴史小説を原作にした映画でした。
日本の船乗り達が、伊勢を出発後江戸へ向かう最中で漂流し、当時のロシア領へ漂着。
それから日本へ帰国するための道を探す、という内容です。

ロシアに漂着した彼らがまずしたことは、現地の言葉を覚えようという努力でした。
「これは何?」という言い方を習得し(英語だと、What’s this?)、
ひたすらWhat’s this?を繰り返し、
現地の人に繰り返し聞いて
現地の人の答えを何度も聞き取って
言語を習得していくのです。

これは極端なパターンにはなりますが、
わかるようになるまで、できるようになるまで、を待っていたら、
話せるようにはならないのです。

「コミュニケーションをとるんだ」という気持ちを強く持つと、
どう言ったら伝わるんだろう?
何を言ってるんだろう??
と、全神経を張り巡らせることができるようになります。

言語は経験を通して身体に染み込ませていくものだということに、この時気づきました。

「できるまで待つこと」をお勧めできないもう一つの理由

ライティングやリーディングが「完璧な自信」をもつまで、
スピーキングやリスニングに手をつけないと、
その「完璧な自信」のために、スピーキングの習得を邪魔することになりかねないことです。

それだけ「スピーキング」は話す練習と経験を通して身につけることが大事なのです。
それは、会話には適度な間合いが必要なことも関係しています。

完璧に話そうとするあまり、
文法などに気を取られて相手との間合いを殺してしまったり、
完璧に話せないから、なんと言って良いかわからなくなってしまい
何も言えずに愛想笑いでごまかしてしまったり。

会話はキャッチボールです。
そのキャッチボールのタイミングは、実際にキャッチボールをする練習を通してしか身につけることができないでしょう。

英語スピーキング習得のために重要な事

話せないから、話せるようになるまで待つのではなく、
話せないから、話せるようになるまで声に出して話す練習をする

これをお勧めします。

言語習得の過程で、どうしても通るのが、
当たって砕けろ
を経験するということです。

必死に何かを伝えようとする
当たって砕けろ、の姿勢や気持ちを持って
自分が話さなくてはいけない」状況を経験する。

これがスピーキング力となっていきます。
まさに、習うより慣れろ、ということです。

留学で英語スピーキングを習得できる?

余談ですが、それが一番経験しやすい環境が、留学、という選択肢です。
せっかく留学しても、日本人とつるんでばかりいいると、
現地に何年も住んでいるのに全然話せないというケースもあります。

場所を移動しても、結局は自分の意志が物を言うのです。

逆に、日本に住んでいて留学したことはないのに流暢な英語を話す方もいます。
そういう方に
「どうやって身につけられたのですか?」
と質問したところ、
「とにかく話す練習を頑張った」
とおっしゃっていました。
日本にいながらにして外国人と交流する機会を持ったりする努力もされたそうです。

そう考えると、昨今ではSNSなども発達していますし、
そういったものも活用しながら、どんどん話す練習をしていくのも良いですね。

ちなみに、この「おろしや国粋夢譚」
という映画、大黒屋光太夫という実在の人物が経験した、実際にあった話を基に作られています。
井上靖氏の小説が発表された後、新しい事実が発覚したり、
映画なので所々端折られていたり、などもありますが、
緒形拳さん、西田敏行さんなどが出演されている映画です。
もし良ければ観てみてくださいね!

また、この度、LATのLINE公式アカウントができました!
登録していただけると、2つの特許を取得した反射復唱法トレーニング5日分を無料でプレゼントします!
もしご興味ありましたら、ご登録いただければ幸いです。
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
https://lin.ee/bz195O9

よろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP