fbpx

子供に英語を覚えさせる最善の方法

日常会話最新のお知らせ

お子さんは「英語で話せたら楽しそうだな」とどんな時に思うのか

日本で暮らしている限り、英語が話せなくても何の支障もありません。
と断言しましたが、どうでしょうか。
支障はないけれど、可能性が広がらないのではないかと考えています。

社会での活躍世代やお子さんを持つ世代の方は、「可能性が減る」ことを実感している方もいらっしゃることでしょう。
・ホームステイや留学先で英会話が成立しなくて困った
・海外で働きたいが語学に不安があった
・語学力が不足していて海外赴任の希望を叶えられなかった
・親が英語を話せないので子供のインターナショナルスクールを諦めた

英語を理解することができないのではなく、「英語を話す」ことさえできればクリアできたことも多かったのではないでしょうか。

日本の英語教育は、英語を理解できるように「勉強する」システムです。英語の知識は身に付いても、「会話する」練習はしてはいません。本当に会話ができるようになりたければ、自分で「+α」を模索しなければなりませんでした。

そんな知識に偏った英語教育にも変化の大きな波がきています。
2020年を節目に、日本の英語教育を変えよう!という準備が進んでいます。
子ども達にもっと英語で会話する力をつけられるよう、学習内容や試験内容を改革する動きと「周知」がとられています。

・小学校低学年から英語の授業が始まる
・小学生から英語の成績がつく
・小学校入学前から英語は準備しておいた方がいい

周知の結果…親御さん世代は「英語を勉強させなければ!」となっていないでしょうか。
繰り返しますが、英語は机上で勉強すれば知識として力となります。ただ、「英語で会話する」力は身に付きません。

未来を生きていく子ども達に身につけてもらいたいのは、「スピーキング力」や「リスニング力」が備わっている英会話能力ではありませんか。

・ジュニア英会話教室へ通わせることにした
・少人数のグループレッスンに申し込んだ
・幼稚園をプレスクールにしようか
・小学校はインターナショナルスクールにしたい

子ども達の可能性を広げてあげたい、というのは親御さんの当然の気持ちです。
でも子どもは「なんで?」と思いませんか。
今の生活になんの支障もないのです。むしろ楽しく遊んでいたい時期かもしれません。

お子さんが「英会話やってみようかな」「英会話楽しいな」と感じてもらうために必要なことは、一体なんでしょう。

お子さんが外遊びをはじめた時、公園で親御さんはどうしていましたか?
いきなり他のお子さんと遊び始めましたか?
ひとりでに砂遊びやボール遊び、遊具に夢中になりましたか?

恐らく、親御さんがまずは一緒にやってみたのではないでしょうか。
親御さんはお子さんと一緒にその遊びを楽しみながら、段々とひとりでやらせてみたのではありませんか。
お子さんは少しずつ慣れて、自分であれをやりたい、こっちに行ってみたい、となったと思います。

子ども達のために「良い環境」を提供してあげることはとても大事なことです。けれども、お子さんにとって未知なことをはじめる時こそ、「一緒に」スタートしてあげていたことを思い出してください。

子ども達は、お父さんやお母さんが興味のあること、楽しんでいることに自然と関心が向きます。未来を生きる子ども達に本当の英語力が必要だ!と思っている時こそ、お子さんだけでなく、ご自分でもはじめてみることをおすすめしたいです。親だからって、「教えてあげる」必要はないのです。

むしろ、「英語をしっかり勉強してきたけれど会話ができない」と感じている親御さんであれば、お子さんと一緒にスタートして身につけていくことができるのではありませんか。

英会話は、スポーツや楽器と同じように繰り返し練習してうまくなっていきます。
一番身近な存在である親御さんが、ちょっと失敗しても何度も繰り返し練習して上手になっていく姿を見せてあげてください。そして、お子さんと一緒に上達したことを喜びあってください。実際に外国の人と話せるなんて!すごい!と楽しそうにしている姿を見せてあげて欲しいと思います。

お子さんをスクールに入れるよりも何十倍も「英会話やってみようかな」と思ってもらえる瞬間なのではないでしょうか。

最適なレッスン時間とは

日常会話

生徒が「話す」時間を重視した英会話トレーニング

コミュニケーションがとれる英語を話したい!
けれど、今からでは難しいのだろうか…。

答えは「NO!」です。
英語での会話力を身につける「練習」をすれば何歳からでも可能だと思っています。

何かを新しく始める時、原理原則を知ることはとても重要です。
けれど、英語に関して言えば多くの方、どの世代の方でも英語については「勉強」しているのです。学習した内容に多少の差はあっても、英語とはどんなものかということは知っている人がほとんどだと思います。

「そう!それなのに全然話すことができないのよ」
と思われた方は、今までしてきた英語の「勉強」ではなく、英語を話せるようになるための「練習」をしてみることをおすすめします。
もう英語を「教えてもらう」必要はないのです。


外国人講師から英会話を教わっている時間…「会話」はできていませんよね。英会話スクールやグループレッスンで、自分が英会話をできていた時間は一体どのぐらいの時間なのでしょうか。
30分?15分?自分自身が話せる時間を正確に計ったら、もっと短いのではないでしょうか。

だからこそ、英会話を教えてもらう授業ではなく、英語を話すことができる英会話トレーニングを実践してもらいたいと考えています。


・外国人と英語で会話することに慣れる
・外国人との会話に抵抗感をなくす
ために、外国人と会話するトレーニングの機会を多く設けることが重要です。

あくまでもトレーニングですから、1日にがんばり過ぎても意味がありません。
「毎日コンスタントに」「成果が身に付く内容」で取り組むことが大切です。

仕事や学校、家庭などがあり「毎日コンスタント」に取り組むことは、なかなか大変でしょう。それでも、コンスタントにトレーニングしてもらいたい。
日本語で思ったことを口に出せるのは、毎日話しているからです。2歳ぐらいから毎日毎日たどたどしくても会話をしていたからです。会話は毎日の練習の積み重ねでできているのです。

毎日がんばっても、できるようになっている?と不安になる内容ではいけませんね。
相手と普通に会話ができた!を毎日実感できるようになれば、日々成果を感じながらトレーニングすることができることでしょう。


LATが提供する英会話トレーニングは、最適なトレーニング時間と内容で毎日取り組んでもらえるよう工夫がしてあります。

外国人と普通に会話ができるためのレッスンは、専属コーチが担当する1回7分のトレーニング、「CCP」です。

1回7分のプライベートレッスンを月に20回提供する
専属コーチが継続的にサポートする
ことにより、「日常会話が毎日できる」「色々な会話ができる」「安心して会話をすることができる」トレーニング内容となっています。

大きな負担を感じることがなく、毎日続けられる時間で継続的な会話ができるようになる、それこそがLATが考える最適な英会話レッスンです。

海外生活すれば英語を話せるようになるというのは本当か?

日常会話

海外生活経験者でも英語が話せるようになる・ならないに分かれるわけ











帰国子女というと、英語がペラペラ!
というイメージがありますよね。

英語を話せる人にナゼ話せるのかと聞くと、
海外生活をしていたという回答が多いと思います。

帰国子女だけでなく、
海外留学をした、
長期の海外出張・駐在をしていた
というパターンが多いのではないでしょうか。

海外生活をしていたと聞くと、
たいていの方は、
「なーんだ。じゃあ、英語が話せるのは当然だよね」
というような反応になります。


本当に、「海外生活経験者」イコール「英語が話せる」
のでしょうか。

実際のところは、海外に滞在しても話せるようになる方と
話せるようにならない方とが明確に分かれます。



その分かれ目はどこにあるか分かりますか?

話せるようになる方は、
ほぼ間違いなく努力して外国人のコミュニティに入り、
英語を話さざるを得ない環境に身を置いてきています。

例えば、子どもの頃に保護者の海外赴任についていくなどで、
英語圏に行くと話せるようになるのは、
子どもの耳が良いからとよく言われますが、
実際はそうではありません。
子どもが英語を話せるようになるのは、
話せないといじめに遭い、学校生活が送れなくなるという
死活問題に関わるからです。

ですから、例え幼少期に海外で生活することがあっても、
日本人の家庭内、日本人社会の中だけで、
日本語ができさえすれば、不自由なく生活できる環境で、
英語に触れる、使うことがほとんどない生活をしていれば、
英会話ができるようにはならないままなのです。


もう一つ例を挙げましょう。
高校や大学などで、海外留学をしたとします。
同じ宿舎に寝泊まりし、同じ学校で学習をしたとします。
それでも、本人の語学センスの差以上に
英会話の上達に差が出ることがあります。

それは、先ほど述べたように外国人のコミュニティに
努力して入って行ったかどうかの差だと考えられます。

積極的に先生や外国人同級生などに話しかけて交友関係を広げていく、
お店で買い物をするときには、ちょっと雑談や質問をしてみる、
などという積極的に英語を使う場面をつくる努力です。

一方、日本人留学生同士で過ごしているとどうでしょう。
確かに気楽で安心できると思います。
でも、ついつい日本語ばかりで過ごしてしまい、
英語を使う機会を減らしてしまいがちです。
せっかく海外で生活しているのに、
日本で生活しているのと変わらない毎日を送ってしまっていては、
もったいないです。


ルームメイトが外国人か日本人か?
も大きく影響するのではないでしょうか。

一緒に生活するルームメイトと全くコミュニケーションを
とらない訳にはいきませんよね。

ルームメイトが英語圏の方ではないとしても、
お互いの共通語は「英語」となるはず。
これが、日本人だとやはり日本語で事足りてしまい、
英語を使うチャンスが減ってしまいますね。



そう考えてくると、日本にいながらでも
英語を使わざるをえない環境で過ごすようにすれば、
英語が話せるようになると考えられます。


実際にわが子に英語をマスターさせたくて、
アメリカンスクールへ通わせる親御さんもいらっしゃいます。

両親のうちどちらかが、英語圏の方のご家庭では、
父親あるいは母親とコミュニケーションをとるのに、
英語を話さざるを得ない場面も多くなるでしょう。


このように、どこで生活しているかは関係なく、
英語を話さなくてはならない環境や状況がいかに多いかで、
話せるようになる・ならないの分かれ目と言えるのではないでしょうか。


LATでは、1回7分という短い時間ながら、
ほぼ毎日のように外国人と英語で話す時間をレッスンとして設けています。
つまり、普段の生活を続けながらも「英語を話さざるを得ない」場面を
作ることが出来るようになっています。

英語を話すために英文法の知識は必要か?

日常会話

会話での文法は、みんな感覚で使っています











日本の学校での英語教育は、
これまでは「読み」「書き」が中心だったものに
「聞く」が加わってからしばらく経ちました。
そして、ここ数年は日本人が苦手としている
「話す」に焦点があてられていますね。

小学校からの英語教育が始まり、
中学校でも昔より「会話」にも重点を置いた
授業内容になっている印象を受けます。


これまでも多くの人が中学校・高等学校の6年間、
英語を学習してきて、
それなりに難しい文章だって読めるようになっているのに
会話となるとほとんど出来ない、
というひとの何と多いことか。

おそらくは、以前は文法を中心として、
「文章を読む」学習をしてきており、
「英語を話す」という機会が授業中にもほとんどなかったことも
原因のひとつかと思われます。

そして、いざ、英語を話す機会にめぐりあっても、
チャンスを活かせずに英語を話すことなく終わってしまう。
そんなシャイな方が多いこともあるでしょう。


外国語をマスターするには、とにかく使ってみる、話してみること。

これは万国共通の認識のようで、
日本国内でも海外でも、日本語を学習している外国人の多くは
機会を見つけて、あるいは作って、
日本人とどんどん会話をするようにしていると感じます。

そして、日本人は読み書きの学習から入っている場合は特に、
正しい文法で英語を使わないと・・・
と考えてしまって、言葉が出てこない傾向もあるのではないでしょうか。



少し考えてみてください。

あなたは母語である日本語で話すときに文法を気にして話していますか?

おそらく文法を気にすることなく、
感覚で言葉を選び・並べて話をしているのではないでしょうか。

自分の伝えたいことを言葉にし、相手に伝わればそれでOK。
相手からの話も同様で、文法の誤りはチェックしていないのでは?
話しの内容がちょっと分かりにくかったら、
「文法が違う」と指摘するのではなく、
「もう1回言って?」「もう少し詳しく教えて?」などと、
聞き返すのではないでしょうか?



英会話だって同じです。
正しい文法じゃないと伝わらない、
とは限りません。

正しい文法ではなくても、言いたいことがちゃんと伝わることも
少なくありません。
極端な話、単語を並べるだけでも簡単な意図なら伝わります。

これは、普段日本語を話している時でも同じですよね。

バッチリ正確な日本語の文法で日常会話をしている人は、
ほとんどいないはず。
これは英語のネイティブの人が英語を話すときも同じです。
省略してしまったり、時制などがちょっとおかしかったり・・・。


会話で一番大切なのは、声を発して伝えたいことがあると
相手に分かってもらうこと。
だんまりでは何も伝わりません。
もしかしたら、1回では伝えたいことが伝わらないかもしれません。
でも、よっぽどのことがない限り、相手も意図をくみ取ろうと
聞き返したり、「こういうこと?」と選択肢を出してくれたりするはず。
私たちだってそうですよね。
たどたどしい日本語の小さい子や外国人の人には、
そのように応対しているのではないですか?



会話をするのに、100%正しい文法でなくても大丈夫!

ということはお分かりいただけたでしょうか。


ですが、だからと言って、文法は必要ないという事ではありません。


やはり、最低限の言語のルールを守らないと、
伝えたいことが伝わりません。

例えば、ホテルに行く道を聞きたいときに、
「ここ、○○hotel、どう?」と言っても伝わらないでしょう。

「○○hotelにはここから、どうやっていけば良いですか?」
と聞かなければ、伝わりません。

つまり、ある程度正しい文法表現を使う必要はあります。
ただ、正しい文法の「知識」は必要ありません。

会話の中で正しい文法表現を「使える」ようになるためには、
文法を「感覚で」身に付けなければいけません。

会話では反射的に言葉を出すことが必要であり、
文法の知識の引出しを開けて考える時間はないからです。

文法の知識ではなく感覚を手に入れるためには、
正しい英語をたくさん話すしかありません。
間違いを恐れることなく、どんどん声に出していくことが大切。

反射的に英語を声に出せるようにトレーニングしていくのが、
LATのホームワークとレッスン。

毎日繰り返すホームワークとレッスンで、英文法の感覚を身につけましょう。

レッスンを受ける目的

日常会話

LATのLESSONはスピーキング力を向上させる練習です

英語が理解できればもっと世界が広がるのに!
と思ったことのある人はたくさんいます。
そして、悔しい想いや情けない気持ちにおそわれたこともあるでしょう。

ほとんどの大人は、中学生から学校教育の場で英語を習っています。高校や大学を受験する際にも英語は必須科目となっています。それでも、社会人として、学生として、地域の一員として、様々な場面で「もっと英語を勉強しておけばよかった…」と感じたことがある人は少なくないはずなのに、多くの方が英語とは距離を置いたままです。

それは、どうしてでしょう。

せっかく中学3年間、高校3年間、長い方は大学4年間、英語を勉強したにも関わらず、「英語をうまく話すことができない」
からではないでしょうか。
勉強してきた課目の英語は得意でも、それがコミュニケーションでは全く活かされていないからではないでしょうか。

中学、高校時代英語が得意だった人は多いはずです。
テストの点数や成績はよく、入試などでも得意科目、早くはないけれどある程度の英文ならば今でも理解することができる。

それが日本の英語教育です。

英文を読むことができ、英文を作ることができるというのは、学生生活や社会人として時に必要な力です。今までの勉強は決して無駄ということはないのです。

読めて書けるまでが日本の英語教育、もうひとつの「英語を話す」ことはできないままとなっています。

そして、圧倒的に悔しい想いをするのは、
「英語で会話ができなかった」という場面だと思います。



実際に「話せる」英語ができるようになるためにはちょっと視点を変えましょう。

日本語も英語も会話は同じです。

「おはよう」
「おはよう、今日は寒いね」

普通の会話ですが、これが英語で話しかけられたらどうでしょう。

「Good morning!」
「Good morning! …(今日は寒いねと言いたいけれど、たしか…)」

きっと「It’s cold today.」は数秒待てば出てくるのでしょうが、(…)の間に会話は途切れてしまいます。それでは会話とは言いづらいですよね。
まず、この(…)の間を解決する訓練をするべきだと思いませんか?

それには学生時代と同じ勉強を続けますか?
または、スクールに通って英会話の勉強をしますか?


英会話のLESSONを受けようと思ったのはどうしてでしょう。
英会話ができるようになるためです。

そのためには、
「頭の中で英文を考える(…)間をなくすこと」
だと考えています。

ということは、「勉強」が必要でしょうか。
英会話には「勉強」よりも「まずは話してみる」力の方が大切です。

けれども、「まずは話してみる」はドキドキしますね。
伝わらないかもしれないし、間違えるかもしれない、だから不安。
こういった気持ちも(…)間につながります。

まずは話してみるために必要なのは、
「考えないでも走り出せる瞬発力」です。

瞬発力を養うには、
色々やってみて、間違えて、それでも何度も「練習する」ことしかありません。
私たちもそうやって日本語を幼い時から身に着けてきました。
英語だからといって変わるはずがありません。

「話せる英会話」には瞬発力を養う、練習・トレーニングが欠かすことができません。

LATのLESSONには「練習」をサポートするコーチとトレーニング法があります。
英会話には近道はありません。
練習方法と練習量があなたの(…)間をなくし、瞬発力をあげ、ためらいのない会話を成り立たせるのです。