LATに予約システムが無い理由

担当コーチとほぼ毎日プライベートレッスン

実践的な英会話を身につけたい!
と願っている人は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

LAT代表もそのひとりでした。むしろ、英会話に対する失敗体験が続き…英語そのものにコンプレックスを抱くようにもなったのです。日本の英語教育を受け、海外留学経験があるわけではない普通の人が、英会話ができるようになる手法に出会い、習得しました。

「物怖じせずに外国で、外国の人とコミュニケーションをとれるようになる」

LATのプログラムは、そのような経験から実践的な英会話を身につける方法が詰まっています。

特徴的なのは、LATには習い事などでは当たり前かもしれない「曜日を決める・その都度予約を入れる」というシステムはありません。これは、LATが「英語でのコミュニケーション力を徹底的に鍛える」ことだけを提供しようとしているからです。

そのために必要なことは、

  • 英会話を勉強することをやめる
  • 英会話はスポーツと同じように日々のトレーニングで身に着く

ということだと考えています。

トレーニングのために重要なことは何でしょう。
まずは部活動やクラブチームにおける練習を思い出してみてください。

  • 練習時間に集合
  • ストレッチなどトレーニングに入る準備
  • 決められた練習メニューを行う
  • クールダウンや片づけ
  • 個人ごとの課題を自主トレ

懐かしいですね。あの頃は顧問の先生やコーチが立てたメニューを黙々とがんばっていました。「自主練日」となると…正直さぼってしまっていた記憶があります。

ということは、トレーニングを続けて習得する上で重要なことは、
「自分のために誰かが考えた練習メニューを、決められた練習日にこなし、自主トレをする」
ことなのではないでしょうか。

英会話を身に着けたいと思い、行動するのは自分でも、習得するには「自分が」というのは必要がないのではないかと考えています。英会話を身に着けるためのトレーニングにおける主導権は、「自分」ではなくあくまでも「コーチ」という方が「やり続ける」「習得する」ことができるとLATは思っているのです。

こうして、LATのプライベートレッスンは出来上がりました。

  • 平日ほぼ毎日同じ時間に提供される
  • 外国人のコーチは担当制
  • 時間は7分間
  • 担当制なので進捗状況によってプランはその都度修正
  • オンラインレッスンなので習慣化が可能
  • ホームワークの進捗管理からスタート
  • 決まった会話形式はなくあくまでも通常会話

プライベートレッスンもホームワークも担当コーチからメニューを提供されます。後は「トレーニングをやる」だけでいいのです。もちろん、あなたにとって習得できるメニューと時間と回数であるからこそ、トレーニングを続けられ、実践的な英会話コミュニケーション力を習得することができるのです。

メニューも時間も回数もほぼ毎日繰り返しトレーニングできる内容です。「自分が」決める必要はありません。だからこそLATには予約システムがないのです。

プライベートレッスンで最初は戸惑っていた「Tell me about…」が、トレーニングを重ねていく過程で、瞬時に返答できるようになる経験を是非ともLATでお試しください!

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. “勉強”ではない英会話”トレーニング”の内容

  2. LATがオンラインでレッスンを提供する3つの理由

  3. トレーニングの場合の講師に求められる能力

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP