fbpx

子供に英語を覚えさせる最善の方法

日常会話最新のお知らせ

お子さんは「英語で話せたら楽しそうだな」とどんな時に思うのか

日本で暮らしている限り、英語が話せなくても何の支障もありません。
と断言しましたが、どうでしょうか。
支障はないけれど、可能性が広がらないのではないかと考えています。

社会での活躍世代やお子さんを持つ世代の方は、「可能性が減る」ことを実感している方もいらっしゃることでしょう。
・ホームステイや留学先で英会話が成立しなくて困った
・海外で働きたいが語学に不安があった
・語学力が不足していて海外赴任の希望を叶えられなかった
・親が英語を話せないので子供のインターナショナルスクールを諦めた

英語を理解することができないのではなく、「英語を話す」ことさえできればクリアできたことも多かったのではないでしょうか。

日本の英語教育は、英語を理解できるように「勉強する」システムです。英語の知識は身に付いても、「会話する」練習はしてはいません。本当に会話ができるようになりたければ、自分で「+α」を模索しなければなりませんでした。

そんな知識に偏った英語教育にも変化の大きな波がきています。
2020年を節目に、日本の英語教育を変えよう!という準備が進んでいます。
子ども達にもっと英語で会話する力をつけられるよう、学習内容や試験内容を改革する動きと「周知」がとられています。

・小学校低学年から英語の授業が始まる
・小学生から英語の成績がつく
・小学校入学前から英語は準備しておいた方がいい

周知の結果…親御さん世代は「英語を勉強させなければ!」となっていないでしょうか。
繰り返しますが、英語は机上で勉強すれば知識として力となります。ただ、「英語で会話する」力は身に付きません。

未来を生きていく子ども達に身につけてもらいたいのは、「スピーキング力」や「リスニング力」が備わっている英会話能力ではありませんか。

・ジュニア英会話教室へ通わせることにした
・少人数のグループレッスンに申し込んだ
・幼稚園をプレスクールにしようか
・小学校はインターナショナルスクールにしたい

子ども達の可能性を広げてあげたい、というのは親御さんの当然の気持ちです。
でも子どもは「なんで?」と思いませんか。
今の生活になんの支障もないのです。むしろ楽しく遊んでいたい時期かもしれません。

お子さんが「英会話やってみようかな」「英会話楽しいな」と感じてもらうために必要なことは、一体なんでしょう。

お子さんが外遊びをはじめた時、公園で親御さんはどうしていましたか?
いきなり他のお子さんと遊び始めましたか?
ひとりでに砂遊びやボール遊び、遊具に夢中になりましたか?

恐らく、親御さんがまずは一緒にやってみたのではないでしょうか。
親御さんはお子さんと一緒にその遊びを楽しみながら、段々とひとりでやらせてみたのではありませんか。
お子さんは少しずつ慣れて、自分であれをやりたい、こっちに行ってみたい、となったと思います。

子ども達のために「良い環境」を提供してあげることはとても大事なことです。けれども、お子さんにとって未知なことをはじめる時こそ、「一緒に」スタートしてあげていたことを思い出してください。

子ども達は、お父さんやお母さんが興味のあること、楽しんでいることに自然と関心が向きます。未来を生きる子ども達に本当の英語力が必要だ!と思っている時こそ、お子さんだけでなく、ご自分でもはじめてみることをおすすめしたいです。親だからって、「教えてあげる」必要はないのです。

むしろ、「英語をしっかり勉強してきたけれど会話ができない」と感じている親御さんであれば、お子さんと一緒にスタートして身につけていくことができるのではありませんか。

英会話は、スポーツや楽器と同じように繰り返し練習してうまくなっていきます。
一番身近な存在である親御さんが、ちょっと失敗しても何度も繰り返し練習して上手になっていく姿を見せてあげてください。そして、お子さんと一緒に上達したことを喜びあってください。実際に外国の人と話せるなんて!すごい!と楽しそうにしている姿を見せてあげて欲しいと思います。

お子さんをスクールに入れるよりも何十倍も「英会話やってみようかな」と思ってもらえる瞬間なのではないでしょうか。

LATが月謝制にこだわるわけ

最新のお知らせ

個人差を認めるならば月謝制があるべき姿です












昔は習い事と言えば、月謝制だった記憶があります。

いつの頃からか、習い事の契約は長期契約のものが
出てくるようになってきました。
その長期契約の代表に、英会話スクールやパソコン教室などが
挙げられるのではないでしょうか。

3ヶ月、半年、1年などと期間を決めて長期契約をする、
あるいはチケット制のような形でまとまった回数で高額の契約をする、
それが英会話スクールの契約形態のイメージではありませんか?


私たちLATでは、長期契約ではなく月謝制をとっています。

なぜなら、英会話の習得は個人差が大変大きいものだからです。
英会話学習・トレーニングを始める際のレベルや
習得速度・目標とするレベルなど、
ひとりひとり異なります。

例えば、
「旅行が好きで海外へ行った時にお店などでのやり取りに困らない程度」
のレベルで話せるようになりたい場合、
「まったく英語に縁がなかった」
というご年配の人と
「中学・高校レベルの英語を学習してきたけれど英会話をする機会がなかった」
という人では、
おそらく目標のレベルに到達する期間・レッスン回数に差が出ると推測されます。

また、
「中学・高校で英語を学習してきただけ」
というほぼ同じ条件の人たちでも、
「仕事で海外とのやりとりがあるので、会議や商談を英語でこなせるように」
「仕事で英語を使うけれど、電話応対が出来る程度が目標」
「海外留学が目標で、現地で授業についていけるように」
「仕事やボランティアで海外からのゲストをスムーズにエスコートしたい」
「大好きなアーティストのファンたちと交流したい」
などと、さまざまな目標を持って英会話学習に取り組む場合、
目標達成までには、やはり期間やレッスン回数も異なるはずです。


つまり個人個人が目標とするレベルを達成するまでの期間は、
まさしく十人十色で、3ヶ月、半年、1年という風に決められるものではなく、
生徒さんご自身の中での一定の目標を達成できた段階で、
いつでも退会できる自由を残すべきだと考えています。

1年契約しか出来ない英会話スクールに1年間通い、
それなりに上達を実感していて、目標とするレベルまであともう少しだとします。
1年契約だとまとまった金額が必要となりますよね。
あと数ヶ月で目標達成となりそうな場合、ものすごく悩むのではないでしょうか。
思い切って、もう1年契約するのかしないのか。
金銭的にも時間的にも余裕があるのならば、もう1年契約できるでしょう。
ですが、そうもいかない人もたくさんいらっしゃるはず。
目標まであと少しなのに、そこで諦めてしまうこともあり得ます。
それは本当に残念なことですし、勿体ないと思います。

どこの英会話スクールも習熟の度合いには個人差があることは認めています。
習熟度合いの個人差を認めながらも、
成果を出すためにそれだけの期間が必要だと一律に示す長期契約には、
ちょっと矛盾が含まれているのではないかと思うのです。


そこで、月謝制なのです。

月謝制ならば、それぞれの生徒さんが目標を達成できた時点で、
退会することも選べますし、
引き続き新しい目標に向かってレベルアップしていくことも選べます。

個人差があるからこそ、月謝制が英会話スクールのあるべき姿だというのが、
私たちLATの思いです。

代表がOnlyStoryで紹介されました

メディア最新のお知らせ

英語を使える日本人が世界を変える!

突出した中小企業の社長インタビューを掲載されているOnlyStory様のサイトで弊社代表を紹介していただきました。
社長の事業に対する思いが詰まってますので、是非ご覧ください!

https://onlystory.co.jp/stories/education/40th/1424

増資のお知らせ

最新のお知らせ

資本金を増強しました

9月12日付で資本金を1,000万円に増資いたしました。
今後、より強固な資本体制にて、お客様の英会話力を更にサポートさせていただく所存です。
引き続き、よろしくお願いいたします。

本社を移転しました

最新のお知らせ

本社を神田に移転いたしました

お近くにお寄りの際は、ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

サイトリニューアルのお知らせ

最新のお知らせ

新しい一歩を踏み出しました。

いつもサイトをご利用いただきましてありがとうございます。
本日(2018年5月16日)、サイトをリニューアルオープンいたしましたので、是非ご覧ください。
今後ともよろしくお願いいたします。